Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

スマートフォンやタブレット向け8メガピクセルCMOSイメージセンサの量産出荷開始について

2015年2月26日

これは、T4KA3の写真です。

8Mで世界最小クラスのチップサイズと低消費電力化を実現
 

当社は、スマートフォンやタブレット向けに、8メガピクセル裏面照射型(BSI) CMOSイメージセンサ「T4KA3」を製品化し、本日から量産出荷を開始します。
 

新製品は、電源回路の省電力化を実現する新設計技術により、当社従来製品注1に比べ消費電力を54%低減しました。さらに、8メガピクセルサイズで世界最小クラス注2のチップサイズを実現しています。これにより6.5mm角の固定焦点カメラモジュールが実現でき、フロントカメラ向けとしても適しています。加えて、MIPI®注3 2Laneで8メガピクセルフル解像度の30フレーム出力が可能です。
 

従来、高速で動画を撮影すると1フレームあたりの露光時間が短くなるため、高画質で高速に撮影することは困難でした。しかし、本製品は、画像の明るさを最大4倍に高める「ブライトモード」を搭載しており、明るく高画質なハイビジョン動画を毎秒240フレーム相当で撮影することができます。本製品をスマートフォンやタブレットに使用することにより、スポーツなどの動きのある動画のスロー画像を高画質で見ることが可能になります。
 

また、本製品は8KbitのOTPを搭載し、これにレンズシェーディング補正データを2条件分書き込むことが可能で、シーンに応じて1コマンドでレンズシェーディング補正データを切替えることができます。
 

当社は、当CMOSイメージセンサの市場投入により、スマートフォンやタブレットの動画撮影機能(「ブライトモード」搭載)の多様化に貢献します。また、発熱低減(低消費電力化)、部品点数削減(MIPI® 2Lane化)、小型カメラモジュール実現(チップサイズ縮小)等、小型化を目指した設計に貢献します。
 

新製品の主な特長

  • 電源回路の省電力化により消費電力を54%削減(従来当社比)
  • 世界最小クラスのチップサイズを実現
  • 毎秒240フレーム相当のハイビジョン動画撮影が可能
  • 画像の明るさを最大4倍に高める「ブライトモード」を搭載
  • MIPI® 2Laneで8メガピクセルフル解像度出力30フレームを出力可能

応用機器

  • スマートフォン、タブレット

新製品の主な仕様

品番 T4KA3
最大出力画素数 8メガピクセル
光学フォーマット 1/4インチ
画素ピッチ 1.12マイクロメートル / 裏面照射型
参考モジュールサイズ(縦×横) 8.5 mm × 8.5 mm(オートフォーカスタイプ)
6.5 mm × 6.5 mm(固定焦点タイプ)

出力可能フレームレート(最大)

出力モード (出力画素数)

通常モード

(プログレッシブ出力)

ブライトモード

(インターレース出力)

8M (3280 x 2464)

※ MIPI®4Lane/2Laneで出力可
30 fps -
Full-HD (Crop:1920 × 1080) 60 fps -
HD (Crop&binning:1280 × 720) 120 fps 240 fps
WVGA (Crop&binning:800 × 480) 200 fps -

注1:当社従来品「T4K35」との比較

注2:2015年2月26日現在、当社調べ。

注3:MIPI:MIPIはMIPI Alliance, Inc.の登録商標です。

新製品のさらに詳しい仕様については下記ページをご覧ください。

http://toshiba.semicon-storage.com/info/lookup.jsp?pid=T4KA3&region=jp&lang=ja

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:

イメージセンサ営業推進部

Tel:03-3457-3370

http://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。