品番検索

クロスリファレンス検索

About information presented in this cross reference

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

同期式シリアルインターフェース

機能説明:[機能説明]

機能シミュレーション:[クロック周波数] [SPIフォーマット] [SSIフォーマット] [Microwireフォーマット]

機能説明

機能説明

  • TMPM369FDFGには3チャネルの同期式シリアルインターフェース(SSP:Syncronous Serial Port)があります。
  • 通信プロトコルとしてSPIフォーマットSSIフォーマットMicrowireフォーマットに対応しています。
  • クロック:SPxCLK、送信データ:SPxDO、受信データ:SPxDI、同期:SPxFSSを使用する4線式双方向通信です。
  • 通信速度はマスターモード時、チャネル0/1で最大10Mbps、チャネル2で最大20Mbpsです。スレーブモード時は、チャネル0/1で最大3.3Mbps、チャネル2で最大6.6Mbpsです。
  • データサイズは4~16ビットです。
  • 送受信のためのFIFOを8段備えています。

SPIフォーマット

  • Motorola SPIフレームフォーマットです。
  • 転送開始時に同期信号(SPxFSS)を"L"に立ち下げ、その後送信と受信を同時に行います。転送終了で同期信号は"H"に戻します。

SSIフォーマット

  • TI synchronous(SSI)フレームフォーマットです。
  • 転送開始時に同期信号(SPxFSS)に"H"パルスをクロック(SPxCLK)と併せて出力し、その後送信と受信を同時に行います。

Microwireフォーマット

  • National Microwireフレームフォーマットです。
  • 転送開始時に同期信号(SPxFSS)を"L"に立ち下げ、マスターから8ビットの制御コードを出力します。その後スレーブから応答データを受信します。転送終了で同期信号は"H"に戻します。
別ウインドウにて開きます