Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

ジャンクションボックス

ジャンクションボックス

ジャンクションボックスには、メカリレーを使用するものと、メカリレーに代わる半導体リレーとしてMOSFETを使用するものがあります。メカリレーを駆動するMOSFETとしては、誘導負荷に強いアクティブクランプ構造で小型パッケージ(従来より実装面積比85%)を採用したSSM3K337Rを開発しました。一方、半導体リレーとしては、DAPK+パッケージ、TO-220SM (W)パッケージなどのパワーMOSFET製品があります。

システム構成図

システム構成図

推奨製品

ブロック タイプ パッケージ 品番 極性/世代 特長
メカリレー MOSFET SOT23F SSM3K337R Active Clamp Nch 38V/2A, 0.28Ω@4.5V
UFM SSM3H137TU Nch+ZD 34V/2A, 0.28Ω@4.5V
MOSFET+ZD PS-8 TPCP8R01 60V/2A, 0.44Ω@4.0V,Vz=43V
半導体リレー MOSFET DPAK+ TK100S04N1L Nch/VIII 40V/100A, 2.3mΩ, Tch=175°C
IPD PS-8 TPD7104AF BiCDプロセス 1ch high side Nch MOSFET Gate drive.
電源 レギュレータ SSOP20 TB9005FNG シングル出力(外付けトランジスタ), LDO(5V), Watchdog timer, Topr: –40~125℃
SSOP16 TB9021FNG シングル出力(外付けトランジスタ), LDO(5V, 200mA), Window-Watchdog timer, Topr: –40~125°C
Bip-Tr New PW-Mold TTA005 PNP -50 V/-5 A/hFE 200 min
TTB002 -60V/-6A/hFE 100 min

ご検討の方に

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。