Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

ADAS (先進運転支援システム)

これは先進運転支援システムのイメージ図です。

これは先進運転支援システムのイメージ図です。

近年のADAS(先進運転支援システム)にはカメラが搭載され、画像認識技術による検知・認識が行われています。カメラ(単眼あるいはステレオ)からの映像を画像処理し自車周辺の車両・歩行者・道路標識、運転者・乗員などの検知・認識を行います。当社の画像認識プロセッサ Visconti™ファミリーは、タスクレベル・命令レベル及びデータレベルの並列処理アーキテクチャを持つRISC型 MPE(メディアプロセッシングエンジン)による画像処理プロセッサと画像認識フローの各ステップで多用されるいろいろな画像処理を低消費電力で高速に処理する画像処理アクセラレータ群により高性能化されており、さまざまなADAS搭載の自動車向けの画像認識アプリケーションの実現をサポートします。

先進運転支援システムにおける画像認識アプリケーション例

これは、先進運転支援システムにおける画像認識アプリケーション例を示す図です。

車線逸脱警報(LDW: Lane Departure Warning)
走行時に、車線変更指示なしでの車線逸脱を予測し警報を出すアプリケーションです。
標識認識(TSR: Traffic Sign Recognition)
前方カメラで標識を検知し、認識した結果を画面に表示するアプリケーションです。速度制限標識と自車走行速度を比較してスピードの出し過ぎ警告などへの応用が考えられます。
前方衝突警報(FCW: Forward Collision Warning)
自車線の前方を走行する車両を検知し、車間距離と自車走行速度に応じて衝突警報を出すアプリケーションです。後方にカメラを設置した場合は後方衝突警報(BCW: Backward Collision Warning)アプリケーションとなります。
車線変更支援(LCA: Lane Change Assistance)
後方カメラ(1台)あるいは後側方カメラ(左右各1台)で車線変更を行う際、後方からの接近車両を検知し、車線変更の危険がある場合に警告するアプリケーションです。
周辺車両検出(Obstacle Detection)
前方1台、後側方左右各1台の計3台のカメラで、自車周辺の車両を検出し、車線変更支援及び前方衝突警報を行う複合アプリケーションです。
右・左折巻き込み警報(Right/Left Turn Awareness)
右折あるいは左折時に、右サイドあるいは左サイドに設置したカメラで歩行者あるいは二輪車を検出し警報を出すアプリケーションです。
前方歩行者衝突警報(Forward Pedestrian Collision Warning)
前方カメラで歩行者を検知し、衝突のおそれがある場合に警報を出すアプリケーションです。夜間の場合はカメラに赤外カメラを使用します(Night Visionとも呼ばれます)。後方にカメラを設置した場合は歩行者衝突警報(Backover Preventionとも呼ばれます)アプリケーションとなります。
運転者監視(Driver State Monitoring)
車室内の赤外カメラで運転者の顔向きを推定し、脇見・居眠り運転を警告するアプリケーションです。
鳥瞰表示駐車支援(Parcking Assistance with Bird's Eye View)
4台のカメラで自車周辺をとらえ、4台のカメラ映像を自車画像とともに合成し、鳥瞰表示するアプリケーションです。
ハイビーム自動制御(High-beam Assistance)
対向車のヘッドライトや先行車のテールランプを検知し、自車のハイビームとロービームを自動制御するアプリケーションです。
信号機認識(Traffic Signal Lamp Recognition)
前方の赤信号を検知し、信号無視のおそれがある場合に警報を出すアプリケーションです。
一般障害物衝突警報(General Stationary Obstacles Collision Warning)
路上の予期せぬ落下物や落石、土砂崩れ、パイロンなど不特定の障害物を検知し、衝突のおそれがある場合に警報を出すアプリケーションです。

先進運転支援システムの構成例

ADAS 前方・周辺監視ソリューション

画像認識プロセッサViscontiは、1台~4台のカメラ入力画像をリアルタイムに処理し(ただし最大8台までのカメラ接続は可能)、自動車周辺の車両・歩行者・車線境界線・標識などを認識することで、車両検出衝突警報・歩行者検出衝突警報・車線検出逸脱警報・交通標識認識・赤信号認識などのADASで求められる複数のアプリケーションを同時に処理することができ、高性能と低消費電力の両立を実現します。Visconti4シリーズは、夜間のヘッドライトや街灯が十分にとどかない暗所の歩行者認識に対しても、画像特徴量CoHOGと色情報を用いたColor-CoHOGなど4種類の特徴量を複合特徴量として処理することで、高い認識性能を発揮します。

これは前方・周辺監視画像認識システムのイメージ図です。

これは、前方・周辺監視画像認識システムの構成例を示す図です。

ADAS 後方監視 [単眼カメラ] ソリューション: 後方監視モニター、 電子ルームミラー、電子ドアミラー

画像認識プロセッサVisconti2 TMPV7502XBGは、高度な画像認識性能を有したまま、ビデオ入力インタフェースを1チャネル(単眼カメラ用)に限定し低消費電力(Typ. 0.6W (注)当社計測による代表値)とパッケージの小型化を実現しました。車両・歩行者認識、移動体検出機能を有した後方監視用モニター・電子ルームミラー・電子ドアミラーなどの応用ができます。

これは後方監視画像認識システムのイメージ図です。

これは、後方監視  画像認識システムの構成例を示す図です。

推奨製品

画像認識プロセッサ Visconti
製品名 シリーズ CPU MPE 画像処理アクセラレータ ビデオ入力数 主な機能 パッケージ
TMPV7608XBG Visconti4 東芝オリジナル32bit RISC MeP x2個 8 アフィン変換、フィルタ、ヒストグラム、HOG、Enhanced CoHOG、マッチング、ピラミッド、SfM 最大
8 ch※
内蔵メモリ、メモリコントローラ、CAN、I2C、UART、SPI、PCM、タイマ/カウンタ、外部MCU I/F、など PFBGA796
TMPV7528XBG Visconti3 東芝オリジナル32bit RISC MeP
および
ARM® Cortex®-A9 MPCore
4 アフィン変換、フィルタ、ヒストグラム、HOG、マッチング 最大
4 ch
内蔵メモリ、メモリコントローラ、PCI Express®、CAN、I2C、UART、SPI、PCM、タイマ/カウンタ、外部MCU I/F、など PBGA516


 

TMPV7506XBG


 

Visconti2 東芝オリジナル32bit RISC MeP
TMPV7504XBG
アフィン変換、フィルタ、ヒストグラム、マッチング 最大
2 ch
内蔵メモリ、メモリコントローラ、CAN、I2C、UART、SPI、PCM、タイマ/カウンタ、外部MCU I/F、など
TMPV7502XBG 2 アフィン変換、フィルタ、ヒストグラム、HOG、マッチング 1 ch 内蔵メモリ、メモリコントローラ、CAN、I2C、UART、SPI、PCM、タイマ/カウンタ、など PLFBGA324

※TMPV7608XBGのビデオ入力インタフェースは、8入力4選択のビデオスイッチ付きです。

ビデオデコーダIC (車載ディスプレイ用映像処理IC)
品番 機能/特長 動作温度 電源電圧 パッケージ
TC90105FG ビデオデコーダ2 ch内蔵、2.5 Vレギュレータ内蔵
新開発画質補正機能、水平収差補正、ITU-R BT.656出力
-40~ +85℃ 1.4~1.6 V
2.3~2.7 V
3.0~3.6 V
LQFP 80
TC90107FG ビデオデコーダ1 ch内蔵、2.5 Vレギュレータ内蔵
新開発画質補正機能、水平収差補正、ITU-R BT.656出力
LQFP 64

※MIPIはMIPI Alliance, Inc.の登録商標です。

※ARMおよびCortexは、ARM Limited(またはその子会社)のEUまたはその他の国における登録商標です。

※PCI ExpressまたはPCIeは、PCI-SIG社の商標または登録商標です。

※本Webサイトに記載されている社名・商品名・サービス名・システム名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

ご検討の方に

技術的なご質問
ご購入、サンプルに関するお問い合わせ
To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。