Asia-Pacific
English
简体中文
繁體中文
한국어
日本語
Americas
English
Europe (EMEA)
English



品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

トップコミットメント

代表取締役社長 佐藤裕之

東芝デバイス&ストレージ株式会社
代表取締役社長 佐藤裕之

はじめに

当社グループは環境への取組みを企業経営の最重要課題の一つと位置づけ、従業員一丸でステークホルダーと共に取り組んでいます。当社グループのテクノロジーはあらゆる種類のシステムやデバイスの基盤を成し、IoTや5Gの中核を実現するもので、さまざまな場面で使用されることで持続可能な社会づくりに貢献しています。グローバルな企業として、当社グループのテクノロジーをこれまで以上に世に広く提供することで長期的に成長していきます。こうした取り組みを実現するためには、研究、設計の段階から原材料の調達、製造工程の構築、製品の梱包、配送、使用、廃棄、リサイクルに至るまで、また、安全性と品質性の高いバリュー・チェーンを築き上げていなければなりません。カーボンニュートラルの実現には高性能なパワーデバイスが不可欠であり、生産能力を増強して供給責任を果たします。また、製造拠点ではAIの導入を加速し、生産性の改善を進めてまいります。

持続可能な社会を全員で目指す

当社グループは製造における環境負荷の低減に努めており、2020年度の環境パフォーマンスの目標を達成しました。世界が直面する社会課題の解決に向け、イノベーションを促進し、人びとの生活や産業の発展に寄与する製品の提供を含めたすべての企業活動を通じてSDGsの達成に貢献していきます。まず、半導体の主要な製造拠点であるジャパンセミコンダクター大分事業所と、加賀東芝エレクトロニクス株式会社の300mmウエハ対応の新製造棟は先行して2026年度までに再生可能エネルギー100%を実現し、2030年度までに全ての製造拠点に展開、合わせてオンサイトPPAモデルを導入します。さらに省エネに貢献する製品の提供を拡大し、カーボンニュートラルを基軸とした成長戦略を推進していきます。持続可能な社会の実現は、全てのステークホルダーに対する義務です。私は当社グループビジョンである「世界を変える原動力」となるべく、必要な行動を取り続けることを約束します。