Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

NFCアンテナなど高電圧ラインを保護するTVSダイオード: DF2B12M4SL、DF2B26M4SL

製品情報 2018-04

これは、NFCアンテナなど高電圧ラインを保護するTVSダイオード: DF2B12M4SL、DF2B26M4SLの製品写真です。

「DF2B12M4SL」と「DF2B26M4SL」は、スマートフォンやタブレットなどに搭載するNFC[注1]アンテナの高電圧ラインの保護用に適した低ダイナミック抵抗・低容量を実現したTVSダイオードです。
当社既存製品 DF2BxxM4SLシリーズでのピーク逆動作電圧3.6 V/ 5.5 V/18.5 Vに、11 V/ 24 Vの新製品をラインアップへ追加しました。使用する信号電圧に合わせて選択が可能です。また、低容量タイプのため高速信号 (差動信号など) の保護に適しています。
新製品は、低ダイナミック抵抗[注2]で、かつ±15 kV[注3]と高い静電気耐量を実現したため、NFC[注1]アンテナなど搭載機器の信頼性向上に貢献します。
パッケージは、小型のSOD-962[注4] (東芝パッケージ名称: SL2) を採用し高密度実装に適しています。

[注1] NFC (Near Field Communication) は近距離無線通信機能の一種です。ICカードをはじめ、携帯電話やパソコン、家電などさまざまな機器へ展開されています。
[注2] 保護性能の指標として比較されます。ダイナミック抵抗が低いほどノイズを吸収しやすくなります。
[注3] IEC61000-4-2 (接触放電)
[注4] 0.62×0.32×0.3 mm (typ.)

3つの特⻑

  • 低ダイナミック抵抗による高い保護性能を実現:
      RDYN=0.2 Ω (typ.)  (DF2B26M4SL)
      RDYN=0.65 Ω (typ.)  (DF2B12M4SL)
  • NFC[注1]アンテナなど高電圧ラインに対応
  • 高ESD耐量: VESD= ±15 kV @IEC61000-4-2 (接触放電) Level4準拠

用途

  • スマートフォン
  • タブレット
  • ノートPC
  • ウェアラブルデバイスなど

製品仕様

(@Ta=25 °C)

品番 パッケージ 絶対
最大定格
ピーク
逆動作電圧
VRWM
max
(V)
逆方向
降伏電圧
VBR
min / max
@IBR=1 mA
(V)
クランプ電圧
VC[注5]
typ.
(V)
ダイナミック
抵抗
RDYN[注6]
typ.
@IPP1=8 A~
IPP2=16 A
(Ω)
端子間容量
Ct
typ.
@VR=0 V
(pF)
静電気耐量
VESD[注3]
(kV)
@ITLP
=8 A
@ITLP
=16 A
DF2B5M4SL SOD-962[注4]
(SL2)
±20 3.6 4.0 / 6.0 - 17 0.5 0.2
DF2B6M4SL ±20 5.5 5.6 / 8 - 18 0.5 0.2
DF2B12M4SL[注7] ±15 11 11.5 / 16.0 22 27 0.65 0.2
DF2B20M4SL ±15 18.5 19.5 / 26 26 27.6 0.2 0.2
DF2B26M4SL[注7] ±15 24 21.0 / 33.0 30 31.5 0.2 0.2

[注5] @IEC61000-4-5 8/20 μs pulse
[注6] @TLPパラメータ: ZO=50 Ω、tp=100 ns、tr=300 ps、averaging window t1=30 ns ~ t2=60 ns
[注7] 新製品

内部回路構成図

これは、NFCアンテナなど高電圧ラインを保護するTVSダイオード: DF2B12M4SL、DF2B26M4SLの内部回路構成図です。

応用回路例

これは、NFCアンテナなど高電圧ラインを保護するTVSダイオード: DF2B12M4SL、DF2B26M4SLの応用回路例です。

注: この応⽤回路例は参考例であり、量産設計に際しては⼗分な評価を⾏ってください。また、⼯業所有権の使⽤の許諾を⾏うものではありません。

特性図 (参考値)

これは、NFCアンテナなど高電圧ラインを保護するTVSダイオード: DF2B12M4SL、DF2B26M4SLの特性図です。

*本資料に掲載されている情報 (製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など) は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。