Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

低騒音・低振動のモータ制御を実現したステッピングモータドライバについて

2016年10月31日

TBD62089APG

当社は、低騒音・低振動のモータ制御を実現したステッピングモータドライバ「TB67S209FTG」をラインアップに追加します。2016年12月末から量産を開始する予定です。

プリンタ、OA機器、ATMなどの金融端末や紙幣識別機、遊戯機器、家電などのアプリケーションには高速で高いモータ駆動能力が求められています。また最近では、使用環境の多様化により、低騒音化・低振動化に対する要求が高まってきています。

一般的にステッピングモータの課題である低騒音化・低振動化を実現するためには、モータ個々の特性に合わせた電流制御が有効です。本製品は電流調整機能であるSMD注1を採用し、モータに合わせたSMDの設定を選択することにより、効果的に駆動時の騒音・振動を抑えることが可能です。

また最先端の高耐圧アナログプロセスを採用することにより、最大定格50Vを実現しながらモータドライバ出力部のオン抵抗注2を0.49Ω(上下和: 標準値)へ低減しました。

新製品の特長

1. 低騒音化・低振動化

最大1/32ステップの高分解能モータ駆動技術を採用。さらに当社で実績のあるモータ駆動技術(SMD)により低騒音化・低振動化に貢献します。

2. 低発熱の実現

低オン抵抗(0.49Ω(上下和:標準値))により発熱量を軽減します。

3. 小型パッケージの採用

小型で放熱特性に優れたQFNパッケージを採用することにより、セットやモジュールの熱処理の簡素化が可能となり、小型化とコスト削減に寄与します。

4. 異常検出機能の搭載

過熱検出機能、過電流検出機能および低電圧検出機能を搭載しており、信頼性の向上に貢献します。

新製品の主な仕様

品番 TB67S209FTG
制御I/F CLK-IN
絶対最大定格 50V, 4A
パッケージ QFN48
励磁モード 2相、1-2相、W1-2相、2W1-2相、4W1-2相、8W1-2相
その他・特長 SMD技術による最適なモータ駆動電流制御
異常検出機能(過熱検出、過電流検出、低電圧検出)内蔵
異常検出フラグ出力機能内蔵
単一電源駆動による電源投入シーケンスフリー
量産時期 2016年12月末以降(予定)

注1:SMD: Selectable Mixed Decayの略。使用するモータの特性に合わせて、最適な電流制御を設定できる技術。

注2:電流を流した際の抵抗成分で、数値が低いほどモータ駆動時の損失が少なく発熱の低減が可能。

新製品のさらに詳しい仕様については下記ページをご覧ください。

https://toshiba.semicon-storage.com/info/lookup.jsp?pid=TB67S209FTG&region=jp&lang=ja

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:

ミックスドシグナルIC営業推進部

Tel:044-548-2821

https://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。