Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

品番付与法

製品分類名をクリックすると、光半導体の品番付与法がご覧いただけます。

  • フォトカプラ

    3桁表示 (アルファベット除く) 例

    フォトカプラの品番例

    1. フォトカプラを表す
    2. パッケージなどにより下表のとおり
      番号 パッケージ・絶縁耐圧
      1 SOP
      2 SOP / SOP16 / DIP (2500 Vrms/5000 Vrms)
      3 DIP (5000 Vrms)
      4 DIP4 (5000 Vrms)
      5 DIP (2500 Vrms)
      6 DIP (5000 Vrms)
      7 DIP (4000 Vrms)
    3. 出力形式などにより下記のとおり。
      • 00~09: IC出力、フォトリレー
      • 10~19: IC出力
      • 20~29: 4 pin / 8 pin, 16 pin 複数チャネル品
      • 30~39: 6 pin
      • 40~49: サイリスタ出力、フォトリレー
      • 50~59: IC出力
      • 60~69: トライアック出力
      • 70~79: フォトリレー
      • 80~89: トランジスタ出力 / ダーリントントランジスタ出力
      • 90~99: トランジスタ出力、フォトリレー、フォトボル出力
    4. 追番
      (a) フォトリレーにあっては耐圧を以下の文字で示す
      • A: 40 V、60 V
      • D: 200 V
      • G: 350 V
      • GA: 400 V
      • J: 600 V
      (b) トライアック出力、サイリスタ出力にあっては耐圧を以下の文字で示す
      • G: 400 V
      • J: 600 V
      • L: 800 V
    • (注1)
      フォトカプラは全製品に対してUL認定品です。
      それ以外の規格 (VDE, BSI, SEMKO etc.) に関しましては品種ごとに取得状況が異なっています。 詳しくは製品カタログ等をご覧ください。
    • (注2)
      この規則に従わないものに関しましては個別にデータシート等をご参照いただくか、またはお問合せフォームまでお願い申し上げます。

    4桁表示 (アルファベット除く) 例

    フォトカプラの品番例

    1. フォトカプラを表す
    2. 製品カテゴリなどにより下表のとおり
      番号 製品カテゴリ
      2 IC出力 (ロジック・IPMドライバ)
      3 フォトリレー (A接点) / トライアック出力 / フォトボル出力
      4 フォトリレー (A接点以外)
      5 IC出力 (パワー素子ドライバ)
    3. 第2項が3,4になるものは下表のとおり製品カテゴリを分類する
      番号 製品カテゴリ・他
      0 トライアック出力 (標準タイプ)
      1 フォトリレー SOP
      2 フォトリレー SSOP
      3 フォトリレー USOP
      4 フォトリレー VSON
      5 フォトリレー DIP
      7 トライアック出力 (高ノイズ耐量タイプ)
      9 フォトボル出力
      第2項が2,5,7になるものは下表のとおりパッケージを分類する
      番号 パッケージ
      0 SO4 / MFSOP6 パッケージ
      1 SO8 (Dual ch.) パッケージ
      2
      3 SO6 パッケージ
      4 SO8 (Single ch.) パッケージ
      6 DIP8 (Dual ch.) パッケージ
      7 SDIP6
      8
      9 DIP8 (Single ch.) パッケージ
    4. 品番
      (a) 第3項が0, 7のトライアックカプラにあっては以下の文字で分類する。
      • 30~39: 耐圧400 V NZC
      • 40~49: 耐圧400 V ZC
      • 50~59: 耐圧600 V NZC
      • 60~69: 耐圧600 V ZC
      • 70~79: 耐圧800 V NZC
      • 80~89: 耐圧800 V ZC
      (b) 第3項が1~4のフォトリレー*にあっては以下の文字で分類する。
      • 00~09: 大電流タイプ
      • 10~39: 標準タイプ
      • 40~69: 低COFFタイプ
        *第3項が5のフォトリレーにあっては大電流タイプに分類する。
      (c) 第3項が9のフォトボルカプラにあっては以下の文字で分類する。
      • 00~19: 標準/エコノミータイプ
      • 20~29: 高VOCタイプ
    • (注1)
      フォトカプラは全製品に対してUL認定品です。 それ以外の規格 (VDE, BSI, SEMKO etc.) に関しましては品種ごとに取得状況が異なっています。 詳しくは製品カタログ等をご覧ください。
    • (注2)
      この規則に従わないものに関しましては個別にデータシート等をご参照いただくか、またはお問合せフォームまでお願い申し上げます。


    オプションコード例

    ■トランジスタ出力、ダーリントントランジスタ出力、IC出力


    ■トライアック出力/サイリスタ出力


    ■フォトリレー

  • ファイバカプラ(トスリンク®)

    ファイバカプラ(トスリンク®)の品番例

    1. 送受信の別により以下のとおり
      • TOTX : 光送信モジュール
      • TORX : 光受信モジュール
      • TODX : 光送受信モジュール
    2. 方向性により以下のとおり
      • 1 : 単方向タイプ
      • 2 : 双方向タイプ
    3. 内部素子構造により以下のとおり
      • 7 : 樹脂モールド (最大動作温度70℃)
      • 8 : セラミックパッケージ
      • 9 : 樹脂モールド (最大動作温度85℃)
    4. 追番号
    5. 追番号

ご検討の方に

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。