Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

FPGAプロトタイピング支援 (Easy Prototyping)

東芝は、FPGAプロトタイピングを前提としたカスタムSoC設計工数を削減する設計手法 Easy Prototypingをご提案します。

ASIC開発の大規模化・複雑化・費用肥大化に伴い、開発リスク低減やソフトウェア開発期間確保の為に、FPGAプロトタイプによるソフトウェア並行開発への要求は高まっています。
一方、FPGAで機能検証を行う際、
「FPGA用IPはASIC・FFSA™では使用できず、FPGAプロトタイプと量産品(ASIC・FFSA™)ではRTLが異なる」
ため、

  • 量産品とは別にFPGAプロトタイプ専用のRTLを作成
  • FPGAプロトタイプ上で開発したソフトウェアの一部を量産用に書き換え・再試験

という手間が必要となっていました。

Easy Prototyping対応の東芝提供のライブラリやIPサブシステムを利用して設計すると、FPGAプロトタイプと量産向けASIC・FFSA™の両方に対応したRTLを容易に作成可能です。
IPサブシステムには、FPGAで実績のあるサードパーティ製IP等、FPGAとの親和性が高いIPを採用し、IPサブシステム内に東芝PHYとFPGA PHYを切り替えるSwitchを内蔵することで、FPGAプロトタイプ上で開発したソフトウェアの再利用性を確保しています。

Easyプロトタイピングを活用することにより、従来の量産化の為の再設計の工程を大幅に削減することが可能

Easy Prototypingを活用することにより、従来の量産化の為の再設計の工程を大幅に削減することが可能となり、お客様は開発リスクを低減しながら、タイムリーな製品出荷を行うことができます。
この手法は、東芝のASIC、FFSA™で共に適用可能です。

ASICでの適用例
(ASICでの適用例)

*本Webサイトに記載されている社名・商品名・サービス名・システム名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

ご検討の方に

技術的なご質問
ご購入、サンプルに関するお問い合わせ
To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。