Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

Enterprise HDD

Enterprise Capacity HDD

MG05ACA800A / MG05ACA800E

Enterprise Capacity HDDのMG05ACAは記憶容量8TB・回転数7,200rpmの製品で、ビジネスクリティカルなワークロード向けの製品です。

MG05ACAは、業界標準の3.5型 高さ26.1mmのフォームファクタで、アドバンスト・フォーマット技術を採用し、大容量と信頼性を実現しています。また、「パーシステントライトキャッシュ」技術をサポートしており、突然の電源遮断時にもデータを保護します。SATA 6.0Gbit/sインタフェースのMG05ACAは、ラックスペースの節約、ビジネスクリティカルなサーバやストレージシステムの設置面積や運用負荷削減に寄与します。

MG05ACAは前世代のMG04と比較し、サステインド転送速度が12%改善しました。そして、512エミュレーション(512e)と4Kネイティブ(4Kn)のアドバンストフォーマットテクノロジモデルを用意。4Knモデル (MG05ACA800A) は、4Knのアプリケーションおよび動作環境に適した性能を提供します。512eモデル (MG05ACA800E) は、512Bのセクタ長を必要とする従来型のアプリケーション動作環境をサポートします。

Key Features
  • 業界標準の3.5型、高さ26.1 mmのフォームファクタ
  • 大容量 8 TB
  • ディスク回転スピードは7,200 rpm
  • SATA 6.0 Gbit/s インタフェース
  • MTTFは200万時間
  • ワークロード550 TB/年
  • 4Knまたは512eのアドバンストフォーマットテクノロジ
  • 突然の電源喪失によるデータ損失の防止に向けた当社「パーシステントライトキャッシュ」技術の導入
  • サステインド転送速度12%改善(MG04と比較)
Applications
  • ミッドライン/ニアラインのビジネスクリティカルワークロード製品
  • Tier 2のビジネスクリティカルサーバおよびストレージシステム
  • HDD1台辺りの容量が大きいことが有利となるアプリケーションサーバ
  • 大容量を最重視しているデータセンタストレージシステム
  • クラウドスケールストレージやサーバインフラストラクチャ

製品仕様

MG05ACA800A 4K native ( 4Kn )
MG05ACA800E 512 emulation ( 512e )
MG05ACA800A MG05ACA800E
フォームファクタ 3.5型
インタフェース SATA 6 Gbit/s
記憶容量 8 TB
バッファサイズ 128 MiB
回転数 7,200 rpm
データ転送速度 ( Sustained ) 230 MiB/s Typ.
MTTF 2,000,000 hours
消費電力 ( Idle - A ) 6.2 W Typ.
重量 770 g Max.
  • 写真は掲載時におけるイメージです。
  • 記憶容量:1テラバイト(1TB)=1,000ギガバイト(GB)、1GB=1,000,000,000(10の9乗)バイトによる算出値です。しかし、1GB=1,073,741,824(2の30乗)バイトによる算出値をハードディスク容量として用いるコンピューターオペレーティングシステムでは、記載よりも少ない容量がハードディスク容量として表示されます。ハードディスク容量は、ファイルサイズ、フォーマット、セッティング、ソフトウェア、オペレーティングシステムおよびその他の要因で変わります。
  • 1キビバイト(KiB)は、1,024バイト(2の10乗)として、1メビバイト(MiB)は1,048,576バイト(2の20乗)として、1ギビバイト(GiB)は1,073,741,824バイト(2の30乗)として計算しています。
  • MTTF(平均故障時間)は製品寿命の保証や目安ではなく、製品の平均故障率から統計的に算出したものです(実際の稼働環境を必ずしも反映するとは限りません)。実際の稼働時間はMTTFとは異なる場合があります。
  • 読み出しおよび書き込み速度は、ホストシステム、読み書き条件、ファイルサイズなどによって変化します。
  • PWC (Persistent Write Cache) with PLP (Power Loss Protection) : PWCは、ドライブがデータ書込み完了をホストに通知したあとで、まだディスクに書き込まれていないデータを管理する機能です。書込みデータは通常、ディスク上の指示されたLBAに書かれますが、まだディスクに書かれていないデータは、予期しない電源遮断があった場合、PLPが提供するバックアップ電力によって、フラッシュメモリに書き込まれます。フラッシュメモリに書き込まれたデータは、次の電源ONのときにディスクに書き込まれますが、通常より起動時間が長くなる事があります。
    1) PLP はすべてのデータを保障するものではありません。推奨手順以外の電源遮断では、データ を失う恐れがあります。
    2) 書込み完了を報告する前の電源遮断では、データを失う恐れがあります。
  • ワークロードは、ホストシステムからのコマンドで実行される読み書きやベリファイによるデータ量として定義されます。

ご検討の方に

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。