Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

アドバンスト・フォーマット

アドバンストフォーマット(AF)は、HDD上の物理セクタの長さを、従来の512バイト構成より長くすることによって、フォーマット効率を向上させる規格です。東芝をはじめとする各HDDメーカーが参画している国際ディスクドライブ協会(IDEMA)が策定したもので、このアドバンストフォーマットの規格を通して、HDDをファイルシステムやオペレーティングシステム(OS)に適合させることを目的としています。
 

アドバンストフォーマットによりセクタサイズを長くすることで、エラー検出と訂正のアルゴリズムが拡張され、記録データの信頼性が向上するとともに、フォーマット効率が改善するため、記録容量を拡大することができます。第一世代のアドバンストフォーマット規格では「512e (512バイトエミュレーション)」とも呼ばれ、4,096バイトのセクタサイズを規定し、従来の512バイト論理セクタ用のアプリケーションや機器構成との互換性を維持するために、512バイトのエミュレーション機能を備えています。エミュレーション機能とは、磁気ディスクにデータを書く際に、ホストシステムから送られてきた512バイト単位のデータを、4,096バイトである磁気ディスクの物理セクタサイズに対して論理的には512バイトであるかのようにエミュレートし、適切に4,096バイト単位に変換して書き込むものです。
 

ファイルシステムやオペレーティングシステムの中には、更に進んで、4,096バイトを物理セクタサイズとしても論理セクタサイズとしてもサポートしている世代のものもあります。これらのホストシステムは「4Kn (4K ネイティブ) 」と呼ばれ、HDDにおいては512バイトエミュレーション機能を省くことが出来、ホストシステム側もより効率的に4Kn HDDを利用することが可能になります。
 

東芝のHDDでは、様々な仕様のホストシステムに対応すべく、512バイトエミュレーションに対応したモデルや、4Kn対応のモデル、あるいは512バイトネイティブ (AF非対応) モデルをご用意しております。

IDEMAが推奨するAF対応製品表示例

これらのマークは、各対応製品について必ず付加されるわけではありません。

af
512バイトエミュレーション (512e)
「Advanced Format AF」あるいは「AF」の表示は一般的に、512バイトエミュレーションAFをサポートしている製品であることを意味します。 512e AFのHDDと、4Kn AFのHDDの両方を包括的に表示する場合もあります。
4kn
4Kネイティブ (4Kn)
「Advanced Format 4Kn」「あるいは「4Kn」の表示は、4KネイティブAFをサポートしている製品であることを意味します。

パーティションアライメントツールご提供の打ち切りのご案内

当社ではWindows® XP搭載のPCなどで、当社のアドバンストフォーマットHDDをご使用になるお客様のために、パーティションアライメントツールをご提供してまいりました。このたび、マイクロソフト社による Windows® XPのサポート終了(2014年4月8日)に伴い、当社および当社のグループ会社からのパーティションアライメントツールのご提供を取りやめました。

今後も引き続き、Windows® XP環境での当社アドバンストフォーマットHDDをご使用になる場合は、システム性能を生かすために、パーティションアライメントツール提供業者からパーティションアライメントツールの提供をご検討ください。

当社および当社のグループ会社ではありませんが、例えばParagon Software社にてパーティションアライメントツールの提供を行なっておりますのでご案内いたします。http://www.paragon-software.com/home/partition-alignment/

なお、パーティションアライメントツールのご使用は、お客様の自己責任で実行願います。当社は、パーティションアライメントツールの使用による損失について、一切の責任を負いません。

  • Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

ご検討の方に

技術的なご質問
ご購入、サンプルに関するお問い合わせ
To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。