品番検索

クロスリファレンス検索

About information presented in this cross reference

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

ポート用レジスター設定の記述順序

ポートA】 【ポートB】 【ポートC】 【ポートD】 【ポートE】 【ポートF】 【ポートG

ポートH】 【ポートI】 【ポートJ】 【ポートK】 【ポートL】 【ポートM】 【ポートN

機能説明:[機能説明]

機能シミュレーション:[内蔵周辺機能のポート] [内蔵周辺機能割付可否確認] [ポートの設定方法] [ポートの信号の流れ]

ポート用レジスター設定では、記述順序に注意が必要な場合があります。

初期状態から出力ポートにしてデータ"1"を出力したい場合

不適切な記述(例:PA5)

不適切な記述(例:PA5)

(A)初期状態 出力オフ(PACR<PA5C>=0) データ"0"(PADATA<PA5>=0)
(B)出力オン(PACR<PA5C>=1)
(C)データ"1"(PADATA<PA5>=1)

(B)の出力オンの時点で"0"が出力された後に、(C)の"1"が出力されます。

適切な記述(例:PA5)

適切な記述(例:PA5)

(A)初期状態 出力オフ(PACR<PA5C>=0) データ"0"(PADATA<PA5>=0)
(B)データ"1"(PADATA<PA5>=1)
(C)出力オン(PACR<PA5C>=1)

(B)のデータ"1"設定時点では出力されず、(C)時点で出力されます。

初期状態からオープンドレイン/プルアップの出力ポートにしてデータ"0"を出力したい場合

不適切な記述(例:PA5)

不適切な記述(例:PA5)

(A)初期状態 出力オフ(PACR<PA5C>=0) データ"0"(PADATA<PA5>=0)
 プッシュプル(PAOD<PA5OD>=0) プルアップオフ(PAPUP<PA5UP>=0)
(B)オープンドレイン(PAOD<PA5OD>=1)
(C)プルアップオン(PAPUP<PA5UP>=1)
(D)出力オン(PACR<PA5C>=1)

(C)のプルアップオンの時点で"1"となり、(D)の出力許可で"0"となります。

適切な記述(例:PA5)

適切な記述(例:PA5)

(A)初期状態 出力オフ(PACR<PA5C>=0) データ"0"(PADATA<PA5>=0)
 プッシュプル(PAOD<PA5OD>=0) プルアップオフ(PAPUP<PA5UP>=0)
(B)オープンドレイン(PAOD<PA5OD>=1)
(C)出力オン(PACR<PA5C>=1)
(D)プルアップオン(PAPUP<PA5UP>=1)

(C)の出力オンで"0"が出力され、(D)のプルアップでは変化しません。

別ウインドウにて開きます