品番検索

クロスリファレンス検索

About information presented in this cross reference

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

課題解決事例

開発設計で、問題が発生してから解決するのでは遅すぎる。
深刻な影響を与える問題は事前に把握したい。
”課題解決事例”は、エンジニアのそんな悩みを解決します。

ケース1.【MOSFET見直しによる電源スペックの達成:DC-DCコンバーター】

Keywords:低耐圧MOSFET・Qoss特性の改善・低オン抵抗・両面放熱パッケージ・DC-DCコンバーターの小型化

小型化した新型電源装置が量産前の最終測定で不合格に!
複雑な設計に手がつけられないまま、時は過ぎていくばかり…

<電源ユニットメーカーB社の課題(従業員数2,000人)>

Qoss特性の改善に着目したDC-DC電源用途向けの高効率低耐圧MOSFETシリーズ。第9世代プロセスを採用し、電源の高効率化に貢献。

file

ケース2.【MOSFET見直しによる耐圧マージン改善:電源製品】

Keywords: 45V系MOSFET・最新世代のMOSFET・低RDS(ON)・低Qoss・電源製品開発

サージ電圧がマージン分を超過!
特別スペックの注文しか解決案はないのか…

<産業機器メーカーF社の課題(従業員:1,500人)>

VDSS=30V、40V、45V、60V、100V系と5つのラインアップを備えたU-MOSⅨ-H。

file

ケース3.【MOSFET見直しによるサーバー用電源の効率改善】

Keywords:高耐圧MOSFET・スーパージャンクションMOSFET・標準スイッチングスピード・高速スイッチング・高速ダイオード

電源ユニットの新規設計に着手、高効率なものを目指すも壁に…
解決の道はどこにあるのか?

<電源ユニットメーカーA社の課題(従業員数;3,500人)>

長い歴史による実績を持つ東芝デバイス&ストレージのスーパージャンクションMOSFET。耐圧500V〜800Vを中心とした中高耐圧MOSFETシリーズ。標準スイッチングスピードタイプ、高速スイッチングタイプ、高速ダイオードタイプを含む、幅広いラインアップがポイント。

file

ケース4.【シミュレーションに基づくEMIノイズ問題解決】

Keywords:EMIノイズ問題・ノイズ解決資料・ゲート発振の原因・高効率を維持・新製品の開発

ゲートドライブ回路の発振がEMIノイズへ影響、
これまでの経験から学んだ対策を理論的に分析することで、その理由がが明らかに!

<大容量電源メーカーE社の課題(従業員数:500人)>

これまで経験則に頼ってきたEMIノイズ問題の解決を、シミュレーションと波形から分析。これらをまとめた資料の展開を開始。

file

ケース5.【産業用ロボットの過電流トラブルをフォトカプラーで解決】

Keywords: IGBT / MOSFET駆動用フォトカプラー・光絶縁方式・過電流問題を軽減・専任技術者による設計サポート

産業用ロボットに過電流によるトラブル発生で生産ライン停止!
メーカーのサポートも受けられず、袋小路に…

<産業機器メーカーC社の課題(従業員数:2,000人) >

フォトカプラーは電気信号を発光素子によって光に変換、その光を受光素子で受け取ることで信号を伝達する絶縁素子。「TLP5214」はIGBT/MOSFETのゲート駆動に適したフォトカプラー。

file

ケース6.【半導体リレー採用によりPLC向け電源ユニットの小型化と長寿命化を実現】

Keywords:制御用リレー部の小型化・半導体・長寿命・基板の小型化・磁界影響対策

制御用リレー部の小型化に難航!
デバイスも放射ノイズ、磁界影響対策用スペースも外せない。解決策はどこに…

<産業機器メーカーD社の課題(従業員数:600人)>

入力側のLEDと出力側のフォト VOLTAIC SELLで構成されたフォトカプラー。メカニカルリレーからの半導体リレー化で、長寿命、小型化、静音などを実現。

file

ご検討の方へ

技術的なお問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

よくあるお問い合わせ

FAQ
別ウインドウにて開きます