品番検索

クロスリファレンス検索

About information presented in this cross reference

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

モーター用半導体インタビュー

東芝 モーター用半導体 トータルソリューションで低消費電力化・静音化・低振動化など生活家電の幅広いニーズに対応。

1990年代以降、地球環境保護の観点から世界中で省エネルギーへの取り組みが進められています。
その中で日本は、トップランナー制度を1999年6月から導入するなど積極的に取り組み、全世界の省エネ技術をリードする存在になっています。

こうした状況から日本の家電メーカーには、 あらゆる製品に対して、省エネ性能の大幅な向上が求められています。

なかでもエアコンは、運転時に多くの電力を消費することから、 積極的な取り組みが展開されています。
国内は以前からですが、海外ではここ数年、室外機のコンプレッサーモーターを AC(交流)モーターからDC(直流)モーターへ移行させ、 インバーターできめ細かくコントロールして、 低消費電力化、静音化、低振動化を推進する取り組みが活発になっています。

東芝は、家電製品の省エネ対応が始まった当初からソリューション提供に取り組み、 お客さまである家電メーカー各社のニーズに応える半導体を開発してきました。 そして現在は業界に先駆け、モーター制御マイコン、モータードライバーIC、 IPD(Intelligent Power Device)を1社ですべて取り揃え、 最適なソリューションの提供に取り組んでいます。

東芝製モーター制御マイコンの特長

  • 画期的なコプロセッサー開発により、モーターの低消費電力化、静音化、低振動化を可能にするベクトル制御を簡単・低コストで実現。
  • CPU、コプロセッサー、各種周辺回路を1チップ化し、処理性能や安全性、スペース効率を向上。
  • ARMコアの採用や東芝独自のサポート環境を充実させ、希望の制御が手間なく実現できる体制を整備。

製品の特長などについて、応用技術担当の石郷岡伸行がご紹介します。

東芝製モータードライバーICの特長

  • 最新の0.13 μmプロセスを採用し、モーターの高機能化を小型・低コストで実現するドライバーICを開発。
  • 業界をリードする高集積化により、異常検出機能も盛り込んで安全対策を推進し、モーターの信頼性向上に貢献。
  • 30年を超える実績をベースに、幅広い用途に応える業界トップクラスの充実した製品ラインアップ。

製品の特長などについて、応用技術担当の池田貞男がご紹介します。

東芝製IPD(Intelligent Power Device)の特長

  • 東芝独自のSOIプロセスにより、出力素子と制御回路の1チップ化を実現。
  • マイコン制御によりDCブラシレスモーターを可変速することが可能。
  • 小型化、薄型化、低熱抵抗のほか、大電流端子と制御端子を分離して基板設計のしやすさも実現したDIP26パッケージを開発。

製品の特長などについて、応用技術担当の高橋一郎がご紹介します。

さらに東芝では、モーター用半導体をフルラインアップしている強みを活かし、各製品担当部門でキャッチした新たな市場動向やお客さまのニーズが共有できる仕組みを構築。マイコン、ドライバーIC、IPDを自在に組み合わせ、東芝として、お客さまに最適なトータルソリューションを提供したり、次世代ニーズにいち早く応える新製品やシステムの開発も推進しています。

また、日本国内だけでなく、成長の著しい中国をはじめとする東南アジア諸国のニーズに応えるトータルソリューションの提供にも取り組んでいます。

このように東芝では、今後も業界に先駆けてモーター用半導体の製品ラインアップを充実させ、積極的にお客さまのニーズに応えるソリューションの提供を進めていきます。

*ARM is registered trademark of ARM Limited (or its subsidiaries) in the EU and/or elsewhere. All rights reserved.

ご検討の方へ

技術的なお問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

よくあるお問い合わせ

FAQ
別ウインドウにて開きます