Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

令和元年度関東地方発明表彰「発明協会東京優秀賞」の受賞について

2019年 11月 15日

東芝デバイス&ストレージ株式会社

令和元年度関東地方発明表彰において、当社の「画像パターン認識用特徴量計算装置」の発明が「発明協会東京優秀賞」を受賞しました。表彰式は、11月13日に浅草ビューホテルにて執り行われました。

 

公益社団法人発明協会が主催する地方発明表彰は、大正10年に開始された歴史ある表彰であり、全国を8地方に分け、それぞれの地域で優れた発明を生み出した技術者や研究開発者を顕彰するものです。

 

「画像パターン認識用特徴量計算装置」は、カメラの画像から、人や自動車などの対象を検出するために用いられる技術です。同技術により、従来の特徴量計算に用いるメモリー消費を抑制でき、空いたメモリーを別の対象の特徴量計算に使うことができるようになることで、複数対象の高速な識別が可能となりました。

 

今回の発明を応用した画像認識プロセッサー「Visconti™2」および「Visconti™4」は、複数のアプリケーションの同時・並列処理と低消費電力動作が評価され、株式会社デンソーの前方監視カメラシステムに採用されています。また、車載向け以外にも、ビルソリューション向けスマートセンサーや監視カメラシステムなどでも採用実績があります。

 

当社は今後も、社会の安全性や快適性の向上に貢献する技術を積極的に開発していきます。

注 特徴量:対象を特徴づける数値列のこと。画像認識では、画像から特徴量を算出し、その結果に基づいてターゲットに該当するか否か判定するパターン認識技術が重要となる。

受賞者

デバイス&ストレージ研究開発センター エンベデッドコア技術開発部 西山 学

※共同発明者として、渡辺 友樹氏(現所属:株式会社東芝研究開発センター)と住吉 正人氏(現所属:キオクシア株式会社メモリ技術研究所)も受賞しています。

表彰式の様子

西山 学(中央)、渡辺 友樹氏(左)、住吉 正人氏(右)
西山 学(中央)、渡辺 友樹氏(左)、住吉 正人氏(右)

* Viscontiは東芝デバイス&ストレージ株式会社の商標です。

* その他の社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。