Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

繰り返し使用可能な当社初の電子ヒューズ(eFuse IC)発売について

2019年 11月20日

東芝デバイス&ストレージ株式会社

TCKE8xxシリーズ

当社は、電源ラインの回路保護に必要なさまざまな機能をサポートする当社初の電子ヒューズ(eFuse IC)「TCKE8xxシリーズ」を発売しました。同シリーズ6品種のうち2品種の出荷を本日から開始します。

 

eFuse ICの最大の特長は繰り返し使えることです。ガラス管ヒューズやチップヒューズなど従来の物理ヒューズでは、電源ラインの回路が過電流状態に陥った際、物理的に回路を遮断し回路を保護します。そのため、一度遮断するとヒューズを取り替える必要がありました。eFuse ICは、異常時に回路動作で電源ラインを遮断するため、繰り返し使うことが可能です。また、ディスクリート半導体で設計する場合に比べて部品点数が少なく、設計の簡易化や回路面積を縮小できます。

 

新製品「TCKE8xxシリーズ」は、物理ヒューズでは管理できなかった過電流状態においても、高精度な回路保護を実現しています。また、過電流、過電圧の状態から保護するための電流、電圧クランプ機能を搭載しており、異常な過電流や過電圧が印加された場合でも、規定の電流、電圧を維持できます。さらに、過熱保護や短絡保護の機能も備えているため、回路に異常な熱が発生した場合や想定外の短絡状態となった場合でも、すぐにeFuse ICをオフすることで回路を保護することが可能です。

これらの機能により、サーバーやノートPCなど、電圧や電流などに対する要求が近年厳しくなっている電子機器の保護に貢献します。

なお「TCKE8xxシリーズ」は、高度な安全性が求められる国際安全規格IEC 62368-1の認証も取得予定であり、機器の認証試験を簡易化できます。

 

製品ラインアップは、eFuse IC単体での自動復帰を行うオートリトライタイプと、外部からの信号で復帰を行うラッチタイプの2種類があり、機器の規模や構成に合わせて選択が可能です。

応用機器

  • 電源ラインの回路保護 (サーバー、SSD、ノートPC、ゲーム機、AR[注1]/VR[注2]機器など)

新製品の主な特長

  • 過電流リミット精度 : ±11% @Ta= -40~85℃、ILIM=4.38A
  • 高速短絡保護 : tFastOffDly=150ns (typ.) @Ta= -40~85℃
  • 高出力電流 : IOUT=0~5.0A
  • 低背・小型WSON10Bパッケージ : 3.00×3.00mm (typ.)、t=0.75mm (max)

新製品の主な仕様

(特に指定のない限り、@Ta=25℃)

品番

TCKE800NA

[注3]

TCKE800NL

[注3]

TCKE805NA

TCKE805NL

TCKE812NA

[注3]

TCKE812NL

[注3]

パッケージ

名称

WSON10B

サイズ typ.  (mm)

3.00×3.00、t=0.75 max

動作

範囲

入力電圧  VIN  (V)

4.4~18

出力電流  IOUT  (A)

0~5.0

オン抵抗  RON typ.  (mΩ)

28

過電流リミット精度  (%)

±11[注4]

過電圧時クランプ電圧

VOVC typ.  (V)

-

6.04

15.1

短絡時出力電流立ち下がり時間

tFastOffDly typ.  (ns)

@Ta= -40~85℃

150

復帰動作タイプ

オートリトライ

ラッチ

オートリトライ

ラッチ

オートリトライ

ラッチ

アジャスタブル

スルーレートコントロール

オンラインディストリビューター

-

-

-

-

注1 AR (Augmented Reality) : 拡張現実

注2 VR (Virtual Reality) : 仮想現実

注3 開発中

注4 @Ta= -40~85℃、ILIM=4.38A

当社のeFuse ICの詳細については下記ページをご覧ください。
オンラインディストリビューターが保有する当社製品の在庫照会および購入は下記をご覧ください。
  • TCKE805NA
  • TCKE805NL

動画

リファレンスデザイン

eFuse IC TCKE805シリーズ応用回路

社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

お客様からの製品に関するお問い合わせ先

小信号デバイス営業推進部

Tel: 03-3457-3411

問い合わせ

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。