Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

高周波対応・業界最小実装面積のフォトリレー発売について

平成29年 9月22日

東芝デバイス&ストレージ株式会社

TLP3475S,TLP3440S

当社は高周波に対応可能な業界最小実装面積[注1] のフォトリレー2品種を製品化し、本日から出荷を開始します。

新製品「TLP3475S」は、業界最小実装面積[注1] のS-VSON4パッケージを採用し、オン時の出力端子間抵抗を低く抑えました。「TLP3440S」は、S-VSON4パッケージの実装面積はそのままに、さらに薄型化を実現した新規S-VSON4Tパッケージを採用し、オフ時の出力端子間容量を低く抑えています。

両パッケージは、既存のVSON4パッケージ [注2] と比べて実装面積を22.5 %削減できます。さまざまなテスタのPE[注3] 応用に TLP3440SとTLP3475S を組み合わせて使用することで、テスタボードの小型化が可能です。

また数GHzの高周波ラインへの使用が可能となりました。さらに高温側動作温度定格を従来製品の85℃から110℃へ拡大し、より設計し易い仕様となっています。

米大手ITアドバイザリ会社ガートナー社の最新レポートにおいて、当社は2015年から2016年にかけて、売り上げベースでシェアNo.1のフォトカプラメーカーと認定されました。また、そのレポートによると、当社は2016年に販売金額ベースで市場シェア23%を獲得しました。(出典:Gartner, Inc. “Market Share: Semiconductor Devices and Applications, Worldwide, 2016” 30 March 2017)

当社は、市場動向に合わせた多様なフォトカプラ・フォトリレーの開発を推進することで、お客様のニーズに応える製品を届け続けます。

応用機器

  • 半導体テスタ (メモリ、SoC、LSI)
  • プローブカード
  • メカニカルリレーの置き換え

新製品の主な特長

  • 業界最小実装面積 [注1]
      S-VSON4パッケージ   :2.00×1.45×1.65 mm (typ.)
      S-VSON4Tパッケージ:2.00×1.45×1.3 mm (typ.)
  • 電圧・電流定格   :
      阻止電圧40 V、オン電流0.12 A、瞬時オン電流0.36 A  (TLP3440S)
      阻止電圧60 V、オン電流0.4 A、瞬時オン電流1.2 A  (TLP3475S)
  • 高温動作温度定格  : Topr (max)=110℃

新製品の主な仕様

(@Ta=25℃)

品番 絶対最大定格 オン抵抗 端子間容量
(出力側)
COFF
typ.
(pF)
オフ電流 ターンオン時間
tON
max
(ms)
ターンオフ時間
tOFF
max
(ms)
阻止電圧
VOFF
(V)
オン電流
ION
(A)
動作温度
Topr
(℃)
RON
typ.
(Ω)
RON
max
(Ω)
IOFF
max
(nA)
@VOFF
(V)
TLP3440S 40 0.12 -40~110 12 14 0.45 1 40 0.2 0.3
TLP3475S 60 0.4 1.1 1.5 12 1 50 0.5 0.4

[注1] 2017年9月22日現在。当社調べ。

[注2] VSON4パッケージ: 2.45×1.45×1.3mm (typ.)

[注3] ピンエレクトロニクス (PE): 各種テスタのDUTへの検査信号用スイッチ

新製品を含む当社のフォトリレー製品については下記ホームページをご覧ください。

https://toshiba.semicon-storage.com/jp/product/opto/photorelay.html

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:

オプトデバイス営業推進部

Tel: 03-3457-3431

https://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。