品番検索

クロスリファレンス検索

About information presented in this cross reference

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

メカニカルリレーからの置き換えが可能なFA/産業向け大電流フォトリレー発売について

2017年12月20日
東芝デバイス&ストレージ株式会社

DIP4/DIP6

当社は、DIP4/DIP6パッケージに最先端U-MOS VIIIプロセスMOSFETを搭載した大電流フォトリレーのラインアップに5品種を追加し、本日から出荷を開始します。
新製品は、阻止電圧30V~200V、定常オン電流0.7A~5.0Aまでの幅広いラインアップを揃えており、各種DC/AC用途の1a接点メカニカルリレーの置き換えが可能です。フォトリレーへ切り替えることで、セットの信頼性向上およびリレードライバを含めた省スペース設計が可能になります。また、動作温度定格は110℃まで対応しており、セットの温度設計マージンを確保し易くなります。
さらに、瞬時オン電流定格は、定常オン電流定格の3倍を確保し安全設計に貢献します。

米大手ITアドバイザリ会社ガートナー社の最新レポートにおいて、当社は2015年から2016年にかけて、売り上げベースでシェアNo.1のフォトカプラメーカーと認定されました。また、そのレポートによると、当社は2016年に販売金額ベースで市場シェア23%を獲得しました。(出典:Gartner, Inc. “Market Share: Semiconductor Devices and Applications, Worldwide, 2016” 30 March 2017)

当社は、市場動向に合わせた多様なフォトカプラ・フォトリレーの開発を推進することで、お客様のニーズに応える製品を届け続けます。

応用機器

  • 産業用機器 (PLC,I/Oインタフェース、接点出力)
  • ビルオートメーションシステム(HVAC[注1]、サーモスタット他)
  • 半導体テスタ
  • テストボード
  • セキュリティ関連機器
  • 各種メカニカルリレーの置き換え

新製品の主な特長

  • 高オン電流:TLP3543AはDIP6パッケージで業界最大[注2]5A(定常時最大)、15A(瞬時最大)
  • 阻止電圧バリエーション(30V/60V/100V/200V)
  • 動作温度定格:110℃(最大)

新製品の主な仕様

(特に指定のない限り、Ta=25℃)

PKG 型番 VOFF
[V]
ION
[A]
定常
IONP
[A]
瞬時
IFT
[mA]
RON
[mΩ] 
IOFF
[μA]
COFF
[pF]
tON
[ms]
tOFF
[ms]
BVS
[Vrms]
(min) (max) (max) (max) (typ.) (max) (max) (typ.) (max) (max) (min)
DIP6 30 5 15 3 20 40 1 1100 5 0.5 2500
60 4 12 3 35 60 1 640 5 0.5 2500
100 3.5 10.5 3 50 80 1 450 5 0.5 2500
DIP4 100 2 6 3 110 200 1 110 2 0.5 2500
200 0.7 2.1 3 900 2000 1 110 1 0.5 2500

[注1] HVAC:Heating, Ventilation, and Air Conditioning (暖房、換気、および空調)

[注2] 2017年12月20日現在、当社調べ。

新製品を含む当社のフォトリレー製品については下記ホームページをご覧ください。

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:

オプトデバイス営業推進部
Tel:03-3457-3431

https://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

別ウインドウにて開きます