Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

低電圧1.8V駆動、大電流1.6A定格に対応したHブリッジドライバICについて

2018年5月23日

東芝デバイス&ストレージ株式会社

TC78H651FNG

乾電池2本でモータ制御を実現

当社は、モバイル機器、住宅設備、USB駆動機器などの低電圧電源(乾電池等)を電源として駆動するDCブラシ付モータやステッピングモータ向けに、デュアルHブリッジ[注1]ドライバICとして、低電圧1.8V駆動かつ大電流1.6A定格注2を実現した「TC78H651FNG」を開発し、本日からサンプル出荷を開始します。

近年、IoTの普及や無線技術の進歩により、スマートフォンなどによる遠隔操作を行うアプリケーションが増加しており、電池によるモータ制御が注目されています。これに伴い、乾電池(2本)の容量が減った際の電圧である1.8V(0.9V(標準では1.5V/1.2V等)×2本)といった低電圧でも駆動が可能なドライバICの要求が高まっています。従来、この領域では低電圧動作でも安定して動作するバイポーラトランジスタ素子でHブリッジを構成したICが主流でしたが、消費電流が多く電池の持ちが悪いことや、ICでのロスが大きいことが問題でした。また、モータへの印加電圧が低くなることからモータトルクが不足するといった問題もありました。

新製品は、当社オリジナルの、低電圧駆動に特化したDMOSプロセスを用いることによって、安定した低電圧動作を実現しながら、低消費電力化によるバッテリー駆動時間の向上や、低オン抵抗化注3によるロスの低減効果によりモータトルク向上に貢献します。

1.8Vから6.0Vといった比較的低い電池電源にてモータを駆動する各種アプリケーションに適しています。

新製品の特長

  • 低消費電流により、電池の駆動時間向上に貢献。(動作時ICC=0.6mA標準@VM=3.0V,Ta=25℃、スタンバイ時ICC=0uA標準 @VM=3.0V,Ta=25℃)

  • 低On抵抗により、モータドライバでの電圧ドロップによるロスを低減し、モータに加わる電圧が高くなることでモータトルクの向上に貢献。(Ron=0.25Ω上下和標準@VM=5V,Ta=25℃)

  • 過電流、過熱、電源電圧低下の検出機能を内蔵し、機器の安全性に貢献。

用途

1.8V~6.0Vといった比較的低い電池電源にてモータを駆動する各種アプリケーション。

3.7Vのリチウムイオン電池を使ったモバイル機器(カメラや小型プリンタ)、1.5Vの乾電池2個を使った住宅関連機器(ガスコンロ、スマートメータ、電子錠)や玩具、5VのUSB電源を使った機器など。

製品の主な仕様

品番 TC78H651FNG
電源電圧
(動作範囲)
1.8V~6.0V
出力電流
(最大定格)

1.6A

Hブリッジch数 2ch
対応モータ DCブラシ付きモータ(2モータ駆動可能)
バイポーラステッピングモータ
出力オン抵抗
(上下和)
0.25Ω標準@VM=5.0V、Ta=25℃
安全機能 過電流検出、過熱検出、低電源電圧検出
パッケージ TSSOP16(サイズ:5.0mm×6.4mm、ピンpitch:0.65mm )
その他・特長 スタンバイ機能を内蔵:消費電力0uA標準
貫通防止機能を内蔵
正転/逆転/ストップ制御に対応
量産時期

2018年6月予定

注1: DCブラシ付モータやステッピングモータを正転/逆転制御する場合に用いられる駆動回路で、トランジスタと負荷の関係がH型の構成となっている回路。

注2: 実際に駆動可能なモータ電流値は、周囲温度や電源電圧等の使用条件により制限されます。

注3: 電流を流した際の抵抗成分で、数値が低いほどモータ駆動時の損失が少なく発熱の低減が可能。

新製品のさらに詳しい仕様については下記ページをご覧ください。

https://toshiba.semicon-storage.com/info/lookup.jsp?pid=TC78H651FNG&region=jp&lang=ja

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:

ミックスドシグナルIC営業推進部

Tel:044-548-2826

http://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。