Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

産業用制御機器向けUL 508認定フォトリレー製品ラインアップ拡充について

2019年 5月 22日

東芝デバイス&ストレージ株式会社

DIP4

当社は、米国安全規格UL 508認定を取得した産業用制御機器向けフォトリレー製品のラインアップを拡充します。今回追加したフォトリレーは、DIP4パッケージシリーズ「TLP3556A」「TLP3558A」「TLP241A」、DIP6パッケージシリーズ「TLP3543A」「TLP3545A」「TLP3546A」とDIP8パッケージシリーズ「TLP3547」「TLP3548」「TLP3549」の9製品となり、順次出荷を開始します。

今回対象のフォトリレーは、UL 508準拠が必須となるワールドワイド展開する産業用制御機器に使用できる製品で、これまでより広域な機器で検討が可能です。NRNT[注1]カテゴリーにも対応しています。

UL 508は、その規格の中で部品規格も細かく定義されています。ソリッドステートリレー (SSR) もその1つとなっており、SSR内の樹脂温度制約が105 ℃上限[注2]と定義されており、この温度上限まで使用することが可能です。

当社UL認定製品を使用することで、UL規格に準拠した制御機器の製造はもちろんのこと、SSRの温度設計マージンを確保することが可能です。

応用機器

  • 産業機器 (プログラマブルロジックコントローラー、I/Oインターフェース、各種センサー制御など)
  • ビルオートメーションシステム (HVAC[注3]、サーモスタットなど)
  • 各種メカニカルリレーの置換(AC24~400 Vシステム、DC24~125Vシステム)

新製品の主な特長

  • UL 508 (NRNT[注1])認定製品
  • UL 1577認定製品
  • ケース温度 (Max): Tc=105℃

新製品の主な仕様

(@Ta=25℃)

品番 パッケージ

絶対最大定格

トリガLED

電流

IFT

Max

(mA)

オン抵抗

RON

(Ω)

端子間

容量

(出力側)

COFF

typ.

(pF)

ターンオン

時間

tON

Max

(ms)

ターンオフ

時間

tOFF

Max

(ms)

阻止

電圧

VOFF

(V)

オン

電流

ION

(A)

オン電流

(パルス)

IONP

(A)

ケース

温度

Tc

(℃)

動作

温度

Topr

(℃)

typ. Max
TLP3556A DIP4[注4]

100

2.0 6.0 105 -40~85 3 0.11 0.2 110 2 0.5
TLP3558A 200 0.7 2.1 105 -40~85 3 0.9 2 110 1 0.5
TLP241A 40 2.0 6.0 105 -40~85 3 0.06 0.1 300 5 1
TLP3543A DIP6[注4] 30 5.0 15.0 105 -40~85 3 0.02 0.04 1100 5 0.5
TLP3545A 60 4.0 12.0 105 -40~85 3 0.035 0.06 640 5 0.5
TLP3546A 100 3.5 10.5 105 -40~85 3 0.05 0.08 450 5 0.5
TLP3547 DIP8[注4] 60 5.0 15.0 105 -40~85 5 0.022 0.05 850 5 1
TLP3548 400 0.4 1.2 105 -40~85 1 3.0 5.0 410 1 1
TLP3549 600 0.6 1.8 105 -40~85 5 1.35 2.0 4300 3 1

[注1] ULの製品カテゴリー: 産業用制御スイッチ、非モーター負荷のためのソリッドステート制御装置

[注2] プラスチック(エポキシ)での温度制約

[注3] HVAC (Heating, Ventilation and Air Conditioning): 暖房、換気、および空調

[注4] 表面実装オプションがあります。

新製品を含む東芝のフォトリレー製品については下記ホームページをご覧ください。

フォトリレー

オンラインディストリビューターが保有する当社製品の在庫照会および購入は下記をご覧ください。

*社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:

オプトデバイス営業推進部

Tel: 03-3457-3431

問い合わせ

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。