Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

高速信号ラインの静電気放電に対する保護性能を向上したTVSダイオード: DF2B5M5SL、DF2B6M5SL、DF2S5M5SL、DF2S6M5SL

製品情報 2018-10

これは、高速信号ラインの静電気放電に対する保護性能を向上したTVSダイオード: DF2B5M5SL、DF2B6M5SL、DF2S5M5SL、DF2S6M5SLの製品写真です。

当社は、USB3.0やHDMI®[注1]などの高速信号ラインの静電気放電 (ESD) に対する保護性能を向上したTVSダイオード (ESD保護ダイオード) 「DF2B5M5SL」、「DF2B6M5SL」、「DF2S5M5SL」、「DF2S6M5SL」を製品化しました。

ESDが機器内に侵入すると、搭載しているICや回路部品に大きなサージ電圧がかかり、破壊や誤動作が発生します。その対策として、ESD侵入経路にTVSダイオードを付加することで、サージ電圧を吸収しICや回路部品を保護します。印加されたサージ電圧は、TVSダイオードの動作により一定の電圧値でクランプされますが、印加直後はTVSダイオードが十分に応答することができない領域があり、クランプ電圧より高いファーストピーク電圧がICや回路部品にかかります。ファーストピーク電圧が高いとICや回路部品の誤動作や破壊に至るケースがあります。

新製品は、チッププロセスや内部構造の最適化を図り、低容量レベルで、ファーストピーク電圧を既存製品[注2]と比べて約50 %に低減しました。また、高速信号ラインに使用できるよう低容量としました。よって、新製品を高速信号ラインのESD保護に使用すると、保護性能が向上します。さらに、パッケージは、小型のSOD-962 (当社パッケージ名称: SL2) を採用しており、基板の実装面積を小さくすることができ、さまざまな用途に使用できます。

[注1] HDMI: HDMI、HDMIロゴ、High-Definition Multimedia Interfaceは、米国およびその他の国々における、HDMIライセンシングの商標または登録商標です。
[注2] 既存製品 DF2BxM4SLシリーズ

特⻑ (DF2B5M5SLの場合)

  • 低ファーストピーク電圧: Vpeak=67 V (typ.)
  • 高静電気耐量[注3]: VESD= ±20 kV
  • 低ダイナミック抵抗[注4]: RDYN=0.5 Ω (typ.)

[注3] @IEC61000-4-2 (接触放電)
[注4] @TLPパラメータ: Z0=50 Ω、tp=100 ns、tr=300 ps、averaging window t1=30 ns~t2=60 ns

用途

  • 高速信号ラインのESD保護 (スマートフォン、タブレット、ゲーム機などのUSB端子やHDMI®[注1]端子)

製品仕様

(@Ta=25 °C)

品番 パッケージ 極性 絶対
最大定格
ピーク
逆動作電圧
VRWM
max
(V)
ファースト
ピーク電圧
Vpeak
typ.
@V=±8 kV
(V)
ダイナミック
抵抗
RDYN[注4]
typ.
@IPP1=16 A
~IPP2=30 A
(Ω)
端子間容量
Ct
typ.
@VR=0 V
(pF)
クランプ
電圧
VC[注5]
max
@IPP=2.5 A
(V)
名称 サイズ
typ.
(mm)
静電気耐量
VESD[注3]
(kV)
DF2B5M5SL SOD-962
(SL2)
0.62×0.32×0.3 双方向 ±20 3.3 67 0.5 0.3 15
DF2B6M5SL ±20 5.0 70 0.5 0.3 15
DF2S5M5SL 単方向 ±20 3.3 60 0.3 0.6 15
DF2S6M5SL ±20 5.0 65 0.3 0.6 15

[注5] @IEC61000-4-5規格の8/20 μsパルスで測定

内部回路構成図

これは、高速信号ラインの静電気放電に対する保護性能を向上したTVSダイオード: DF2B5M5SL、DF2B6M5SL、DF2S5M5SL、DF2S6M5SLの内部回路構成図です。

応用回路例

これは、高速信号ラインの静電気放電に対する保護性能を向上したTVSダイオード: DF2B5M5SL、DF2B6M5SL、DF2S5M5SL、DF2S6M5SLの応用回路例です。

注: この応⽤回路例は参考例であり、量産設計に際しては⼗分な評価を⾏ってください。また、⼯業所有権の使⽤の許諾を⾏うものではありません。

特性図 (参考)

これは、高速信号ラインの静電気放電に対する保護性能を向上したTVSダイオード: DF2B5M5SL、DF2B6M5SL、DF2S5M5SL、DF2S6M5SLの特性図です。

*本資料に掲載されている情報 (製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など) は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。