Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

コンシューマ向け内蔵ハードディスクの発売開始について

2018年 4月17日

東芝デバイス&ストレージ株式会社

マーケティングネームとカテゴリーカラーでブランド化した6種類のラインアップを展開

6種類のラインアップ
*画像は実際の製品とは異なります。

当社は、多様化する顧客ニーズに対応し、6種類のラインアップを取り揃えた東芝ブランドのコンシューマ向け内蔵ハードディスクを発売します。6月より順次出荷を開始します。

近年、企業や個人用ストレージのニーズが多様化しています。ノートパソコン、デスクトップPC、NAS[1]などの用途では、それぞれに適したシステムを構築するため、より信頼できるメーカーの内蔵ハードディスクを使って自作したいという要望があります。
このようなニーズにお応えするため、このたび、コンシューマ向けの内蔵ハードディスクとして、6種類の製品を発売します。

P300 Desktop PC Hard Driveシリーズは、デスクトップPC向けの3.5型内蔵ハードディスクです。パソコンで求められる、性能、容量、ロード・アンロードサイクル30万回の信頼性を備えています。

L200 Laptop PC Hard Driveシリーズは、ノートパソコン向けの2.5型内蔵ハードディスクです。最大2TBの記憶容量を持ち、ノートパソコンの性能を強化します。

X300 Performance Hard Driveシリーズは、高性能なパソコンやゲームPC向けの3.5型内蔵ハードディスクです。最大10TB[2]の大容量とMTTF[3]60万時間の信頼性を提供します。

N300 NAS Hard DriveシリーズはNAS向けの3.5型内蔵ハードディスクです。最大10TBの記憶容量を持ち、高転送速度と24時間連続稼動の耐久性と高信頼性を備えています。

V300 Video Streaming Hard Driveシリーズは、ビデオストリーミング向けの3.5型内蔵ハードディスクです。ビデオレコーダー、セット・トップ・ボックス用途に適した性能を提供します。

S300 Surveillance Hard Driveシリーズは、監視カメラ向けの3.5型内蔵ハードディスクです。最大64台[4]の高解像度監視カメラをサポートし、記憶容量は最大10TB、24時間連続稼動の信頼性を提供します。

新シリーズは、様々な用途に適したラインアップを製品化し、それぞれにマーケティングネームとカテゴリーカラーを採用しています。また、基本的な特長である記憶容量、ディスク回転数、バッファサイズが製品ラベル上段に記述されているため、希望スペックの製品をスムーズに選択することができます。

東芝グループでは、HDDを注力製品の一つとして位置付けており、モバイル向けからデータセンター向けまで信頼性の高い製品を幅広く展開することで、顧客ニーズに応えていきます。

基本仕様表

マーケティングネーム P300 L200 X300 N300 V300 S300
製品画像
カテゴリーカラー レッド レッド シルバー ゴールド ブルー グリーン
用途 デスクトップPC ノートパソコン ゲームPC NAS ビデオストリーミング 監視カメラ
記憶容量 3 TB
2 TB
1 TB
500 GB
2 TB
1 TB
500 GB
10 TB
8 TB
6 TB
5 TB
4 TB
10 TB
8 TB
6 TB
4 TB
3 TB
2 TB
1 TB
500 GB
10 TB
8 TB
6 TB
5 TB
4 TB
フォームファクタ 3.5型 2.5型 3.5型 3.5型 3.5型 3.5型
インタフェース SATA
回転数(rpm) 7,200 5,400 7,200 7,200 Low-spin 7,200/5,400
バッファサイズ 64 128/8 256/128 256/128 64 256/128
24時間稼動 可能 可能 可能
カメラ接続数 最大64
動作時表面温度 0~65度 0~65度[5] 5~60度 0~65度 0~65度 0~70度[6]
MTTF 60万時間 60万時間 100万時間 100万時間
ロード・アンロード
サイクル
30万回 60万回 30万回 30万回 30万回 60万回

[1] NAS: Network Attached Storageの略で、ネットワークに直接接続して利用する外部記憶装置のこと。

[2] 記憶容量: 1TB(1テラバイト)=1,000,000,000,000(10の12乗)バイトによる算出値です。1TB=1,099,511,627,776 (2の40乗)バイトによる算出値をドライブ容量として用いるコンピューターオペレーティングシステムでは、記載よりも少ない容量がドライブ容量として表示されます。ドライブ容量は、ファイルサイズ、フォーマット、セッティング、ソフトウェア、オペレーティングシステムおよびその他の要因で変わります。

[3] MTTF (平均故障時間) は製品寿命の保証や目安ではなく、製品の平均故障率から統計的に算出したものです (実際の稼働環境を必ずしも反映するとは限りません) 。実際の稼働時間はMTTFとは異なる場合があります。

[4] 監視カメラのサポート数は、10Mbit/sの高精細カメラデータによる性能シミュレーションによって定義されています。実際のサポート数はカメラの種類、ハードウェア、ソフトウェア、システム、ビデオデータ圧縮技術、解像度、フレーム数およびその他の要因で変わります。

[5] 500GB及び9.5mm厚の1TBモデルの動作時表面温度仕様は、5~63度です。

[6] 動作時の表面温度が高い場合、ドライブ出荷時の性能を維持できないことがあります。推奨表面温度(動作時)は、60度未満です。

新製品のさらに詳しい仕様については下記ページをご覧ください。

http://www.canvio.jp/sp_ihdd/index_j.htm

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:

ストレージプロダクツ事業部

Tel: 0570-005199

http://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

*本資料に記載されている社名・製品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。