Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

車載用LIN搭載のDCモータドライバICサンプル出荷開始について

2019年 1月 31日

東芝デバイス&ストレージ株式会社

車載用LIN搭載DCモータドライバIC

当社は、このたび、車載ボディ系ネットワークであるLIN 2.0(Local Interconnect Network)のマスターと通信可能なLINスレーブ機能を搭載した、DCモータドライバ「TB9058FNG」のサンプル出荷を開始しました。2019年12月から量産出荷を開始する計画です。

新製品は、外部からのLIN信号によりモータの回転目標の位置データを受信し、回転目標までモータを駆動します。

拡張チェックサム対応[注1]のLIN通信機能と、H-Bridgeモータドライバをハードウェアのロジック回路で制御するため、ソフトウェア開発が不要です。さらに、過電圧、過電流、過熱の検知機能を搭載しているため、異常状態での動作継続を回避できます。

動作温度は-40~125℃を確保し、車載用電子部品認定規格「AEC-Q100」への適合を予定しています。

新製品の特長

フルハードウェア構成による簡単な制御

ソフトウェア開発不要、LIN通信によるモータ制御可能

業界最低レベル[注2]のオン抵抗と消費電流(車載HVACダンパー調整用ドライバ基準)

オン抵抗(上下和):2.2Ω(typ)、消費電流:10μA以下(スリープモード)

1BUS上に16個のスレーブ接続

端子切り替えにより16個のNode IDを設定可能

各種異常検出機能、フラグ出力機能付き

過電圧検出、過熱検出、過電流検出

主なアプリケーション

  • 車載HVACダンパー調整用

新製品の主な仕様

品番

TB9058FNG

通信方式

LIN1.3+拡張チェックサム

通信速度

19,200 / 9,600 / 4,800 / 2,400 bps (端子切り替え)

ドライバ

DCモータドライバ(H-bridge) 1ch

オン抵抗

上下和=2.2Ω(typ)@25℃

出力電流

0.3A
消費電流 10μA以下(スリープモード)
異常検出機能 過電圧検出、過熱検出、過電流検出
動作電圧範囲 7V~18V(絶対最大定格:40V)
動作温度 -40~125℃
パッケージ SSOP24-P-300-0.65A
7.8mmx7.6mm
信頼性 AEC-Q100に準拠予定
予定量産時期 2019年12月

[注1] 拡張チェックサム:LIN2.0以上のチェックサム方式

[注2] 2019年1月31日現在、当社調べ。

新製品のさらに詳しい仕様については下記ページをご覧ください。

TB9058FNG

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:

システムLSIマーケティング第三部

Tel: 044-548-2190

問い合わせ

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。