品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

300mmウエハー対応製造ラインの導入について

2021年3月10日

東芝デバイス&ストレージ株式会社

当社は、加賀東芝エレクトロニクス株式会社(以下、加賀東芝)構内に、300mmウエハー対応製造ラインを導入し、生産能力を増強することを決定しました。同製造ラインは、2023年度上期に稼働開始予定です。

電力を供給、制御する役目を果たす半導体のパワーデバイスは、あらゆる電気機器の省エネルギー化に不可欠なデバイスであり、自動車の電動化や産業機器の自動化などを背景に、今後も継続的な需要拡大が見込まれています。

当社はこれまで、加賀東芝を中心に、200mmウエハー対応の製造ラインの生産能力を増強してきました。今回、同社の既存建屋における200mmウエハー対応のクリーンルーム内に、300mmウエハー対応の製造ラインを敷設し、低耐圧MOSFET注1、IGBT注2の生産能力を増強します。

同製造ライン以降の投資計画は、市場の動向を見ながら順次決定します。なお、株式会社ジャパンセミコンダクター大分事業所におけるパワーデバイスを含むディスクリート半導体の生産も、引き続き拡大していきます。

当社は今後も、パワーデバイス市場の伸長に対応する生産体制を整えることでパワーデバイス事業を拡大し、省エネルギー社会の実現に貢献していきます。

注1 MOSFET(Metal-Oxide-Semiconductor Field-Effect Transistor):金属酸化膜半導体電界効果トランジスター

注2 IGBT(Insulated Gate Bipolar Transistor):絶縁ゲートバイポーラトランジスター

加賀東芝の概要

所在地:石川県能美市岩内町1番地1
代表者:取締役社長 德永英生
従業員数:約980名(2021年1月時点)
生産品目:ディスクリート半導体(パワーデバイス、小信号デバイス、オプトデバイス)

* 社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
* 本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

別ウインドウにて開きます