Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

Thunderbolt 3など高速信号ラインのESD保護に適した低容量TVSダイオードの発売について

2019年 10月 17日

東芝デバイス&ストレージ株式会社

DF2B5M4ASL,DF2B6M4ASL

当社は、ThunderboltTM 3やHDMI® 2.1、USB 3.1などの高速通信規格に対応した低容量TVSダイオード (ESD保護ダイオード) の新製品2製品の出荷を本日から開始します。新製品の「DF2B5M4ASL」は最大ピーク逆動作電圧3.6V、「DF2B6M4ASL」は5.5Vに対応しています。

 

タブレットやノートPC、ゲーム機などの映像送受信や大容量のファイルを転送する場合、時間を短縮するため、10Gbpsや48Gbpsの高速通信規格が使用されています。これらに使用する高速通信用コントローラーICもプロセスの微細化が進んでおり、ESD耐量は低下する傾向にあります。このため、コネクターから侵入するESDやサージの対策を強化することが重要であり、これを怠ると通信不具合が発生しファイル損傷など重大な欠陥に至ってしまう可能性があります。また、高速通信ラインでは、部品やプリント基板が持つ容量成分や抵抗成分により信号波形にひずみが生じるなど、周辺部品が信号に与える影響度は大きくなっています。

 

新製品は、高速通信に適した低容量化を実現しており、この影響度を小さくすることができます。また、プロセスの最適化により標準端子間容量0.15pFを実現し、既存製品[注1]と比べて約25%低減しました。これにより、高速通信で安定した回路を提供することができます。

応用機器

  • 高速信号ラインのESD保護 (タブレット、ノートPC、ゲーム機、AR[注2]/VR[注3]機器など)

新製品の主な特長

  • 低端子間容量: Ct=0.15pF (typ.)
  • 高静電気耐量[注4]:
    VESD= ±16kV (DF2B5M4ASL)
    VESD= ±15kV (DF2B6M4ASL)
  • 小型面実装パッケージ : SL2 (パッケージコード : SOD-962、0.62×0.32×0.3mm (typ.))

新製品の主な仕様

(@Ta=25 ℃)

品番 パッケージ 構造 絶対最大定格

ピーク

逆動作

電圧

VRWM

max

(V)

端子間容量

Ct

@VR=0 V

(pF)

ダイナミック

抵抗

RDYN

typ.

@IPP1=8 A

~IPP2=16 A

[注5]

(Ω)

クランプ

電圧

VC

max

@IPP=2 A

[注6]

(V)

オンラインディストリビューター在庫検索&Web少量購入

名称

(パッケージ

コード)

サイズ

typ.

(mm)

静電気

耐量

VESD

 [注4]

(kV)

typ. max
DF2B5M4ASL

SL2

(SOD-962)

0.62×

0.32×

0.3

双方向 ±16 3.6 0.15 0.2 0.7 15 DF2B5M4ASLオンラインディストリビューター在庫検索&Web少量購入
DF2B6M4ASL ±15 5.5 0.15 0.2 0.7 15 DF2B6M4ASLオンラインディストリビューター在庫検索&Web少量購入

[注1] 既存製品 DF2BxM4SLシリーズ
[注2] AR (Augmented Reality): 拡張現実
[注3] VR (Virtual Reality): 仮想現実
[注4] @IEC61000-4-2 (接触放電)
[注5] @TLPパラメーター: Z0=50Ω、tp=100ns、tr=300ps、averaging window t1=30ns ~ t2=60ns
[注6] @IEC61000-4-5規格の8/20μsパルスで測定

東芝のTVSダイオード (ESD保護用ダイオード)の詳細については下記ページをご覧ください。

TVSダイオード (ESD保護用ダイオード)

オンラインディストリビューターが保有する当社製品の在庫照会および購入は下記をご覧ください。

DF2B5M4ASL
 

DF2B6M4ASL
 

*社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:

小信号デバイス営業推進部

Tel:03-3457-3411

問い合わせ

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。