Asia-Pacific
English
简体中文
繁體中文
한국어
日本語
Americas
English
Europe (EMEA)
English



品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

CMR方式で容量18TBを実現したNAS HDDのサンプル出荷開始について

2021年12月9日

東芝デバイス&ストレージ株式会社

CMR方式で容量18TBを実現したNAS HDDのサンプル出荷開始について

当社は、CMR(従来型磁気記録)方式で容量18TB[1]を実現した、ヘリウム充填HDD「MN09シリーズ」を開発し、NAS向けHDDのラインナップに追加します。

近年、企業や個人が生成・蓄積するデータ量は加速度的に増加しています。それに伴い、データの保管先となる中堅・中小企業や個人のストレージには、より早いデータへのアクセス、大容量のデータ保管やデータ共有が重要となっています。
MN09は18TBの記憶容量と優れた消費電力効率を持ち、顧客の大容量データを効率的に保管するNAS向けHDDのニーズに応えます。

MN09は、当社独自の機構設計技術によりディスク9枚搭載を実現した第3世代機種で、ヘリウム充填されたCMR方式のNAS向けHDDです。
当社NAS向けHDDで初めてFC-MAMRTM(Flux Control-Microwave Assisted Magnetic Recording: 磁束制御型マイクロ波アシスト磁気記録方式)を採用しています。FC-MAMRTMは、CMRの記録密度を高め、記憶容量を18TBに向上させるのに貢献しています。

MAMR技術は今後の容量向上のキー技術として期待されており、新構造のMAS (Microwave Assisted Switching) 効果を強調するMAMRヘッドを用いたHDD開発も進んでいます。当社は同技術によるCMRの記録密度向上を継続して進めていきます。

MN09は、ワークロード180TB/年[2]で、24時間連続稼働に対応し、最大8つのドライブベイをサポートしています。
ディスク回転スピードは7200RPM、512MiB[3]のバッファーを備え、268 MiB/sのデータ転送速度を実現、中堅・中小企業や個人のストレージ、バックアップに適したパフォーマンスを提供します。 MN09は現在、サンプル出荷中です。

[1] 記憶容量:1TB(1テラバイト)=1兆バイトですが、利用可能なストレージ容量は、動作環境やフォーマットによって異なる場合があります。利用可能な容量は、ファイルサイズ、フォーマット、セッティング、ソフトウェア、オペレーティングシステム、プリインストールされたソフトウェアアプリケーション、メディアコンテンツによって異なります。フォーマット容量とは異なる場合があります。
[2] ワークロードは、年間のデータ処理量の目安であり、ホストシステムからのコマンドで実行される読み書きやベリファイによるデータ量として定義されます。
[3] 1メビバイト(MiB)は1 048 576(2の20乗)バイトとして計算しています。

新製品のさらに詳しい仕様については下記ページをご覧ください。

MN シリーズ

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:

ストレージプロダクツ事業部

Tel: 0570-005199

*FC-MAMRTMは、東芝デバイス&ストレージ株式会社の商標です。
*その他の社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。