品番検索

クロスリファレンス検索

About information presented in this cross reference

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

MG04ACA-N シリーズ

Enterprise Capacity HDD のMQ04ACA-Nシリーズは、堅牢な設計で、 1,2,4TBの容量ラインアップを持つ3.5型フォームファクター、回転数7,200 rpmの製品です。
MQ04ACA-Nシリーズの特長は、SATA 6Gbit/sインターフェースと、従来型の動作環境で要求されるネイティブ512Bセクターフォーマット(512n)です。この製品は、SIE (Sanitize Instant Erase) 機能をオプションとしてサポートしており、ドライブを転用したり、あるいはデータセンター環境外へ移動させるときに、意図しないデータ漏えいからデータを保護することに役立ちます。

製品仕様

フォームファクター 3.5型
インターフェース SATA 6 Gbit/s
バッファーサイズ 128 MiB
ディスク回転数 7200 rpm
データ転送速度
( Sustained )
195 MiB/s
消費電力
( Idle - A ) ( Typ. )
7.5 W
MTTF 1 400 000 h
重量 ( Max ) 720 g
MG04ACA***N シリーズ

Key Features

  • 業界標準の3.5型のフォームファクター
  • 大容量 (4 / 2 / 1 TBのモデル)
  • ディスク回転スピードは7,200rpm
  • SATA 6Gbit/s インターフェース
  • ワークロード550TB/年
  • 振動抑制技術
  • SIE (Sanitize Instant Erase) オプション

Applications

  • ミッドライン/ニアラインのビジネスクリティカル作業負荷向け
  • Tier 2のビジネスクリティカルサーバーおよびストレージシステム
  • 1台辺りの容量が大きいことが有利なアプリケーション作業負荷をサポートしているサーバー
  • 大容量が必要なデータセンターストレージシステム
  • 従来型フォーマットが必要なアプリケーション

ラインアップ

記憶容量 フォーマット タイプ 型番
4 TB 512n 標準 MG04ACA400N
4 TB 512n SIE MG04ACA400NY
2 TB 512n 標準 MG04ACA200N
2 TB 512n SIE MG04ACA200NY
1 TB 512n 標準 MG04ACA100N
1 TB 512n SIE MG04ACA100NY
  • 写真は掲載時におけるイメージです。
  • 記憶容量:1テラバイト(1TB)=1,000ギガバイト(GB)、1GB=1,000,000,000(10の9乗)バイトによる算出値です。しかし、1GB=1,073,741,824(2の30乗)バイトによる算出値をハードディスク容量として用いるコンピューターオペレーティングシステムでは、記載よりも少ない容量がハードディスク容量として表示されます。ハードディスク容量は、ファイルサイズ、フォーマット、セッティング、ソフトウェア、オペレーティングシステムおよびその他の要因で変わります。
  • 1キビバイト(KiB)は、1,024バイト(2の10乗)として、1メビバイト(MiB)は1,048,576バイト(2の20乗)として、1ギビバイト(GiB)は1,073,741,824バイト(2の30乗)として計算しています。
  • MTTF(平均故障時間)は製品寿命の保証や目安ではなく、製品の平均故障率から統計的に算出したものです(実際の稼働環境を必ずしも反映するとは限りません)。実際の稼働時間はMTTFとは異なる場合があります。
  • 読み出しおよび書き込み速度は、ホストシステム、読み書き条件、ファイルサイズなどによって変化します。
  • SIE: Sanitize Instant Erase. 瞬時に磁気ディスクに記録されたデータを無効化する機能。
  • ワークロードは、年間のデータ処理量の目安であり、ホストシステムからのコマンドで実行される読み書きやベリファイによるデータ量として定義されます。

ドキュメント

名称 日付

ご検討の方へ

お問い合わせ

お問い合わせ

よくあるお問い合わせ

FAQ

ご購入

Where to Buy

ご注意

  • 破棄について
    本製品を廃棄するときは、地方自治体の条例または規則に従って処理してください。詳しくは、各地方自治体に問い合わせてください。
  • 製品の破棄、譲渡時のデータ消去について
    HDDは、PCをはじめいろいろな家電製品にも組み込まれ、その中にはお客様の個人情報などの重要なデータが磁気情報として記録されていることがあります。これらのデータが流出するというトラブルを回避するために、HDDが組み込まれている製品を廃棄、あるいは譲渡する前に、大事なデータを消去してください。
    消去方法の詳細につきましては、HDDの組み込まれている製品のメーカ様にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
別ウインドウにて開きます