品番検索

クロスリファレンス検索

About information presented in this cross reference

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

技術部門トップメッセージ

技術部門トップメッセージ

世の中の流れをつかんだ製品をタイムリーに提供していきます


東芝デバイス&ストレージ株式会社
統括技師長 森 誠一

東芝の半導体デバイスとストレージの事業は1956年のゲルマニウム・トランジスター、ダイオードの量産化にまでさかのぼります。

以来、現在家電から産業機器まで広く使われているノンラッチアップ型IGBT(Insulated Gate Bipolar Transistor)(1986年)、ポータブルオーディオプレイヤーに搭載された当時の世界最小0.85型HDD(2004年)、そして最近では先進運転支援システム用画像認識プロセッサー ViscontiTM4(2015年)など、60年以上にわたり顧客のニーズを反映した数々の製品を送り出してきました。

そして今、世の中は「地球環境対策(省エネの推進)」「IoT・AI・5Gの普及」「自動車の電動化・高度運転支援」の流れにあります。

最先端の研究や技術開発を進めることで、パワーデバイス、サーバー/データセンター向け大容量HDD、画像認識プロセッサーなど、これからも世の中の流れをつかんだ製品をタイムリーに提供していく、私たち東芝デバイス&ストレージ(株)にご期待ください。

注 0.85型HDDが2004年3月、世界最小のHDDとして2005年版ギネス世界記録に認定。

東芝デバイス&ストレージ株式会社
統括技師長 森 誠一

研究・技術開発コンテンツ

デバイス&ストレージ研究開発センター
半導体とHDDに関する研究開発体制について紹介します。
研究・技術開発分野
当社が取り組む半導体・ストレージに関連する技術について説明します。
技術活動トピックス
当社の技術活動トピックスを紹介します。
テクニカルレビュー
先端技術への取り組みや研究開発成果を紹介します。
学会発表&表彰
当社の国際学会における発表、表彰実績を紹介します。

※Visconti™ は、東芝デバイス&ストレージ株式会社の商標です。

※社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

別ウインドウにて開きます