Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

変換効率と変換効率(飽和)の2つがあるのはなぜですか?

変換効率CTRはLED電流IFやトランジスタのコレクタエミッタ間電圧VCEの依存性を持ちます。代表的なトランジスタカプラではIF=5mA,VCE=5Vの条件で規定しますが、VCE=5Vは非飽和の領域の条件になります。フォトカプラを使用する応用ではON,OFFのディジタル信号を伝送することが非常に多く、その場合ONの状態では飽和の領域に入り込むことになります。そこでCTRの規定にもその飽和の条件(当社の場合はVCE=0.4Vや0.3V)も設定することがあり、この条件下でのCTRを変換効率(飽和)と定義しています。
 

例:トランジスタ出力フォトカプラ TLP385 の場合

結合特性

IC-VCE特性例

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。