品番検索

クロスリファレンス検索

About information presented in this cross reference

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

変換効率と変換効率(飽和)の2つがあるのはなぜですか?

結合特性

変換効率CTRはLED電流IFやトランジスターのコレクターーエミッター間電圧VCEの依存性を持ちます。代表的なトランジスターカプラーではIF=5mA,VCE=5Vの条件で規定しますが、VCE=5Vは非飽和の領域の条件になります。フォトカプラーを使用する応用ではON,OFFのディジタル信号を伝送することが非常に多く、その場合ONの状態では飽和の領域に入り込むことになります。そこでCTRの規定にもその飽和の条件(当社の場合はVCE=0.4Vや0.3V)も設定することがあり、この条件下でのCTRを変換効率(飽和)と定義しています。

例:トランジスター出力フォトカプラー TLP385 の場合

IC-VCE特性例
別ウインドウにて開きます