Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

ICカプラの中でスレッショルド入力電流で定義している製品と変換効率で定義している製品がありますが何が違うのですか?

多くのICカプラは、フォトダイオードと増幅回路や波形整形回路を取り込んだ受光ICで構成されています。こうした製品では入力LED電流;IFがある電流値以上になると出力が反転し、ロジカルな動作をします。出力を反転させるために必要な入力電流をスレッショルド入力電流と呼び、IFHL, IFLH等で表します。しかしながら一部の製品ではフォトダイオードとトランジスタだけの非常に単純な構成の受光ICの製品もあります。この場合は入力LEDの電流IFの変化に応じて出力電流が変わる動作をし、スレッショルドは持ちません。こうした製品では汎用のトランジスタカプラと同様に変換効率(CTR:Current Transfer Ratio) で表します。

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。