品番検索

クロスリファレンス検索

About information presented in this cross reference

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

フォトリレーはメカニカルリレーに置き換えて同じように使えるのですか?違いがあるとすればそれは何ですか?

メカニカルリレーは機械的接点で構成されているのに対してフォトリレーは出力がMOSFETで構成された半導体接点です。それを背景にフォトリレーはメカニカルリレーと比較して以下のような利点があります。

  • 1.接点磨耗がなく高信頼性 (長寿命)
  • 2.小型・軽量であり、実装性に優れる
  • 3.高速スイッチング (メカニカルリレーより数倍高速)
  • 4.低駆動消費電力が数mWと小さい (メカニカルリレーは100mW程度)
  • 5.無接点のためバウンスによるノイズがない


 ただ不利な点としては、

  • a.接点抵抗(オン抵抗)で金属と半導体の差が埋まりきらない
  • b.接点開閉容量(オン電流)でフォトリレーでは1素子でカバー可能な範囲に制約が大きい

ということが上げられます。

別ウインドウにて開きます