Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

フォトカプラはどのような内部構造になっているのですか?

フォトカプラには、要求される絶縁性能、パッケージサイズ、内部チップの大きさなどの条件により、パッケージ内部の構造にもさまざまな種類があります。

1. 対向型シングルモールド

LEDを実装したフレームと受光素子を実装したフレームが向い合って(対向)モールドされます。LEDと受光素子との光伝達部にはシリコーン系の樹脂が用いられます。

2. 対向型シングルモールドフィルム入り

入出力間の絶縁耐圧を上げるために、ポリイミド系のフィルムがLEDと受光素子間に挿入されています。

3. 対向型ダブルモールド

対向型の構造で、内部が白モールド、外部が黒モールドされています。光伝達部の白モールドは、赤外光の透過率の良いモールド樹脂が用いられます。

4. 反射型

LEDを実装したフレームと受光素子を実装したフレームが同一平面上にある構造です。LED光がシリコーン系樹脂の内部で反射され受光素子に届くことから、反射型と呼ばれます。

①Body
②Window
③Detector
④LED
⑤Film

対向型シングルモールド

対向型
シングルモールド

対向型シングルモールドフィルム入り

対向型
シングルモールド
フィルム入り

対向型ダブルモールド

対向型
ダブルモールド

反射型

反射型

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。