Asia-Pacific
English
简体中文
繁體中文
한국어
日本語
Americas
English
Europe (EMEA)
English



品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

IGBTを駆動させるときに、ゲート電圧は何Vを印加すれば良いですか?

IGBTのゲートをドライブする電圧VGEは、データシートのVCE(sat)やスイッチング特性の測定条件に記載されていますVGEの条件(下記表参照)もしくはこれに近い条件を検討してください。ゲート電圧VGEを大きくすると絶対最大定格とのマージンが減少することになりますし、反対に小さくすると下図の通りVCE(sat)は大きくなり導通損失の増加を招きます。低すぎるとIGBTドライブ不足によるシステムの動作そのものに支障をきたす可能性もあります。ストロボ用他の特殊用途向けのIGBTを除き、一般的にはVGE=15 V もしくはこれに近い電圧を推奨しています。

また、ゲートバイアス用電源の電圧とドライブ時のIGBTのゲート・エミッター間電圧に差が発生する場合は、IGBTのゲート・エミッター間電圧が前述しました値になるように設計して下さい。

(注:一般的には、IGBTオフ時のゲート・エミッター間電圧は、零ボルトに設定されることが多くなっていますが、IGBTのスイッチング時の動作安定を目的として、ゲート電圧VGEを逆バイアスに設計する場合があります。)

 

IGBTの電気的特性例

静的特性(特に指定のない限り、Ta=25℃)

IGBTの電気的特性例
IGBTの電気的特性例

 動的特性(特に指定のない限り、Ta=25℃)

IC-VCEカーブ特性例
IC-VCEカーブ特性例