品番検索

クロスリファレンス検索

About information presented in this cross reference

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

瞬時コモンモード除去電圧(コモンモード過渡耐性)という規定がICカプラーにあってトランジスターカプラーにでてこないのはなぜですか?

瞬時コモンモード除去電圧(コモンモード過渡耐性)とは、規定のハイ(ロー)レベルを維持できる、入出力間コモンモード電圧の最大上昇率です。フォトカプラーの入出力間にはわずかな静電容量分(0.6-0.8pF)があります。入出力間に急峻な電圧変化が起きると、この容量分を通して発生する変位電流が受光チップ回路に流れ込んで誤動作に繋がることがあります。この現象は高速、高感度のフォトカプラーでより顕著になる傾向があります。トランジスターカプラーの場合はICカプラーに比べ素子の応答性が1桁から2桁程度遅いためこの現象が表に現れ難いことになります。

別ウインドウにて開きます