品番検索

クロスリファレンス検索

About information presented in this cross reference

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

入力信号の立上がり、立下りが緩やかな波形の場合何か不都合が起こるでしょうか?

例えば当社ICカプラーで数Mbpsの信号伝送に適するTLP2355,TLP2358では、入力信号の立ち上がり、立下り時間が0.5㎲以下になるような駆動信号を推奨しています。仮に0.5㎲程度より大きな傾きになると、出力の電位が中間電位付近の状態にいる時間が長くなることにより、出力の発振や貫通電流発生の原因となる可能性があるからです。入力波形が大きな傾きを持つような場合は前段にロジックICを組み込んで波形成形していただくことも必要になることがあります。

別ウインドウにて開きます