品番検索

クロスリファレンス検索

About information presented in this cross reference

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

トライアックをON/OFFスイッチ動作させるのにどのくらいの入力電流に設定すればよいのでしょうか?

LEDに流す電流を増加させた時にフォトトライアックがONするしきい値電流をトリガーLED電流(IFT)と定義しています。またこれは製品によってバラツキを持ちます。このバラツキの最大値をIFT(Max)で規定していますが、これは回路設計においてLED電流IFがこのMax値を超えてはならないという意味ではありません。IFの設計では、LEDの経年変化、温度、設計マージンも考慮し、IFT(Max)よりも大きいIF値の設定が必要になります。
詳細は当社アプリケーションノート「トライアックカプラーの基本特性と応用設計」9.1項 入力側LED電流IFの設計方法 を参照ください。またIFは温度ディレーティングを含む最大定格も規定されていますので、その定格を超えていない事の確認も必要です。
(https://toshiba.semicon-storage.com/jp/semiconductor/knowledge/application-note.html)

別ウインドウにて開きます