品番検索

クロスリファレンス検索

About information presented in this cross reference

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

バイポーラートランジスターとは?

バイポーラートランジスター(Bipolar Junction transistor;BJT)は 接合型トランジスター(pn接合によって構成されたトランジスター)とも呼ばれるトランジスターの一種です。電界効果トランジスター(ユニポーラートランジスター)と異なり、キャリアを2種類(正孔、電子)もつためバイポーラーと呼ばれています。

最初に発明されたトランジスターがバイポーラー型トランジスターであったため、単にトランジスターと言えば、バイポーラートランジスターを指すことがあります。

接合のタイプからnpnとpnpがあります。それぞれのタイプは上下対称のように見えます(例えばベースのP層を挟むコレクターとエミッターはN層で同じに見えます。)が、コレクターとエミッターの濃度は大きく異なり、エミッターの濃度が高くなっています。このため、エミッターとコレクターを反転して使用するとhFEなどが大きく低下し、トランジスターとして期待する動作を得ることができません。

バイポーラートランジスターはアクティブ領域では基本的にはベースに入力した電流のhFE倍のコレクター電流を流すデバイスです。このことからアクティブ領域を利用して増幅回路を構成したり、コレクター・エミッター間の抵抗値が低くなる飽和領域と電流を流さない遮断領域を利用してスイッチとして使用されます。

バイポーラートランジスターとは?
バイポーラートランジスターの動作領域
バイポーラートランジスターの動作領域

関連する情報が、「e-ラーニング/第3章トランジスター」にあります。

バイポーラートランジスターの動作に関しては、FAQ「npnトランジスター/pnpトランジスターの動作は?」を参照ください

別ウインドウにて開きます