品番検索

クロスリファレンス検索

About information presented in this cross reference

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

低ドロップアウト電圧による消費電力の低減

Dropout Voltage vs Output current

ドロップアウト電圧とは入力電圧に対する出力電圧の電圧降下を示す値です。入出力間電圧差とも表記されます。この数値が大きいと消費電力の増大につながります。東芝LDOレギュレーターは新世代プロセスを用いた豊富な2電源構成のLDO製品により優れたドロップアウト電圧特性を実現しています。そのため従来製品より低い入力電圧で所望の出力電圧を得られるため電圧差ロスによる消費電力の低減が可能です。

当社のLDOレギュレーターTCR15AGシリーズは、低RONのNチャネルMOSFETを使用し、入力電圧に加えてバイアス電圧の2電源で動作することで他社製品に対して60%低い超低ドロップアウト特性と大電流を実現しています。これにより大幅な低入力電圧かつ大電流出力が可能となり高い電源効率が実現できます。CMOSイメージセンサー,MCU,RF等の1.0V付近のデジタルコア電源やリファレンス電源への出力電圧として、高出力電流で且つ発熱が少ない理想的な電源としてご使用頂けます。

低ドロップアウトLDOレギュレーター

ご検討の方へ

技術的なお問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

よくあるお問い合わせ

FAQ

ご購入、サンプルに関するお問い合わせ

オンラインディストリビューター在庫検索&Web少量購入

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

検索キーワード:

外部ウェブサイトについて
ここから先は、東芝デバイス&ストレージ株式会社およびその関係会社(以下、総称して「当社」 といいます。)の販売代理店様のウェブサイト(以下、「第三者ウェブサイト」といいます。)になります。第三者ウェブサイトを通したお取引は、各販売代理店様が定める取引条件に従っていただくことになりますのでご了承ください。本ウェブサイトからリンクしている第三者ウェブサイトは、それらを運営する各販売代理店様がその責任において管理するものであり、当社の管理下にはありません。本ウェブサイトとリンクしている事実をもって、当社が第三者ウェブサイトの内容を推奨していることを意味するものではありません。また、当社は第三者ウェブサイトの内容及びそれを通したお取引についていかなる責任も負うものではありませんので、お客様ご自身の責任でご利用ください。

関連情報

別ウインドウにて開きます