品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

電源付近の信号を増幅したいのですがどうすれば良いでしょうか?

p-MOSFET入力差動対オペアンプ
p-MOSFET入力差動対オペアンプ

電源付近の信号を扱うときは通常のオペアンプではなく、フルレンジ オペアンプを使用してください。フルレンジでないオペアンプは電源付近の電圧は同相入力電圧範囲の保証外になっています。
通常のオペアンプはオペアンプの入力等価回路に示すように、入力差動対はPch MOSFETで構成されています。

オペアンプに内蔵されるMOSFETは歪みなどの問題を回避するために、全て飽和領域で動作させる必要があります。このため、以下の式を満たす必要があります。
|VDS| > |VGS| - |Vth|
電源から (回路の電流源のVSD) + (入力の差動対のVSG) の電圧範囲 (同相入力電圧範囲外) はQp1による電流源が線形領域に入ります。この区間は同相入力範囲外です。この区間で使用すると、歪が大きい・ゲインが不足などの想定から外れた信号が出力されることになります。正常な出力が可能な同相入力電圧の範囲で使用する必要があります。

フルレンジオペアンプはPch MOSFET入力差動対とNch MOSFET入力差動対が並列に接続されています。このため、GNDから電源までの範囲で使用可能です。

フルレンジ オペアンプ
フルレンジ オペアンプ
別ウインドウにて開きます