品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

電源のデカップリングコンデンサーは必要ですか?

図:V<sub>CC</sub>-GND間にデカップリングコンデンサーを挿入した場合の例
図:VCC-GND間にデカップリングコンデンサーを挿入した場合の例

スイッチング時に発生するスパイク電流はVCC、GNDの電位を変動させ、出力波形のリンギング、スピード遅延の原因となります。そのため、高周波に対する電源ラインのインピーダンスを低くしておく必要があります。
具体的にはVCC、GND線は太く短く配線し、VCC-GND間に高周波フィルターとしてのデカップリングコンデンサー(0.01μF~0.1μF)をIC1個ずつに挿入することが理想となります。デカップリングコンデンサーは極力各ICの近くに配置してください。遠くに配置すると効果が低下するだけではなく、ICのスイッチングノイズを放射する可能性があります。低周波フィルターとしては10μF~100μFを基板毎につけるのが一般的です。

別ウインドウにて開きます