品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

双方向バスバッファーについて、伝送方向切り替え入力(DIR)やバス端子などに信号を入れるタイミングに制限はありますか?

双方向バスバッファーの等価回路と真理値表を図に示します。

双方向バスバッファーの等価回路
真理値表

Input

Function

/G

DIR

A Bus

B Bus

L

L

Output

Input

L

H

Input

Output

H

X

High Impedance ( Z )

X:Don’t care

このデバイスは双方向の切り替えを簡易に実現できるデバイスですが、以下の点に注意が必要です。

  1. 切り替え時にバスバッファーの出力と他のバッファーの出力が衝突しないこと
    →他の出力と衝突すると異常出力になるばかりでなく、大電流が流れデバイスが損傷することがあります。
  2. 入力がフローティング(Openやハイインピーダンス状態 Hi-Z)にならないこと
    →フローティング状態は電磁妨害(EMS)の影響を受けやすく、また、リーク電流などによる寄生容量への電荷蓄積により異常値が出力されたり発振する可能性があります。

従って、/Gのモードを使用する場合は全入出力端子、それ以外の場合は未使用の端子を電源にプルアップ、またはGNDにプルダウンする必要があります。
 

具体的なタイミング例を以下の回路図とタイミングチャートで説明します。
双方向バスバッファーはAバスとBバスの間に接続されています。初期状態はA端子側が入力、B端子側が出力になっています。
従って、Aバスの信号がBバスに伝送されています。このときBuffer Yはディセーブル(出力の無い)状態です。

双方向バスバッファー
  1. 双方向バスバッファーをディセーブルにします。(/G = “H”)
    切り替えには tpLZの時間がかかります。切り替え完了後、A端子とB端子はHi-Zになります。従って、それぞれの端子にプルアップ抵抗 Rpullup1 / Rpullup2 などにより端子の電位を安定させる必要があります。バスホールド機能のある製品ではプルアップ抵抗などは不要です。
  2. 伝送方向切り替え後に出力が衝突するので、バスバッファーがディセーブル状態の間にBuffer Xの出力をディセーブルに、Buffer Yの出力をイネーブルにします。
    また、この間に伝送方向切り替え入力 DIR を “L” ⇒ “H”に切り替えます。
  3. バスバッファーをイネーブル状態にします。(/G = “L”)

DIR端子の切り替え(“L”→“H”、 “H”→“L”)の区間、イネーブル端子(/Gまたは/OE)切り替えの区間(tpLZまたはtpHZ、tpZL、tpZH)は内部回路のモード移行の時間です。この区間の出力は“H” “L”、またはその中間値になり明確に定義できません。この区間の出力値は保証の範囲外になります。この区間避けて設計ください。

別ウインドウにて開きます