品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

電圧変換ロジック(レベルシフター)の最大動作周波数を教えてください。

  • バッファータイプの製品は、負荷とオン抵抗のCR時定数から求まる伝搬遅延時間を基に計算できます。
    最大動作周波数 ≒ 1/(tpLH + tpHL)
  • バススイッチタイプの製品は、立ち上がり波形を基に計算できます。
    充放電により電圧が決まるため、63%まで立ち上がる時間で計算します。
    最大動作周波数 ≒ 1/(τ) τは時定数です。
    1/τ = 1/(C×R)
    例えばTC7SPB9306の場合スイッチ入出力容量CI/Oは14pFのため、負荷容量CLを30pF、プルアップ抵抗Rpuを1kΩとした場合に、出力が立ち上がるまでの時定数は、τ=(14pF+30pF)×1kΩとなり、約20MHzと計算できます。
  • 通信規格と互換性のある推奨レベルシフターについては、次のFAQの項目を参照してください。
    FAQ:通信規格(UART、I2C)に対して使用できる電圧変換ロジック(レベルシフタ―)製品を教えてください。

この計算式は、データシート記載の条件下での参考値としてお考えください。
製品搭載時には基板容量などによって伝搬遅延時間が変わるため、実使用状態にて問題無いことを十分に確認してください。

2電源レベルシフター バススイッチタイプ電圧変換波形
2電源レベルシフター バススイッチタイプ電圧変換波形

以下の資料にも関連する説明がありますので、ご参照ください。

アプリケーションノート

CMOSロジックICセレクションガイド
バススイッチの基礎
CMOSロジックIC使用上の注意点
CMOSロジックICの基礎
低電圧ワンゲートロジックICのレベルシフト回路への応用
CMOS TC74VCX/LCXシリーズ
CMOS TC74VHC/VHCT/VHC9/VHCVシリーズ
CMOSロジックIC用語集

FAQ

各シリーズの違いについて教えてください。
データシートに最大動作周波数の記載がない製品の動作周波数はどのように考えればいいですか?
CMOSロジックICの入力端子や双方向バスバッファーのバス端子(入出力端子)はフローティング(オープンやハイインピーダンスなど)で問題ないですか?
電圧変換できる製品(レベルシフター)を教えてください。
通信規格(UART、I2C)に対して使用できる電圧変換ロジック(レベルシフタ―)製品を教えてください。
電圧変換ロジック(レベルシフター)のバススイッチタイプとバッファータイプの違いを教えてください。
2電源タイプの電圧変換ロジック(レベルシフター)の各電源の投入順序について教えてください。
双方向バスバッファーについて、伝送方向切り替え入力(DIR)やバス端子などに信号を入れるタイミングに制限はありますか?
2電源バススイッチの入出力端子はプルアップする必要がありますか?

製品リスト

バススイッチ
レベルシフタ―

製品ページ

汎用ロジックIC

別ウインドウにて開きます