品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

電圧変換できる製品(レベルシフター)を教えてください。

電圧変換するには以下の3つ方法があります。

  1. 標準ロジックIC、レベルシフタ―(1電源)でレベルシフトする方法(図1)
    標準ロジックICでのレベルシフトは、トレラント機能を持つ素子を利用してレベルダウン(降圧)や、TTL入力の素子を使用してレベルアップ(昇圧)が可能です。尚、レベルシフタ―(1電源)はTTL入力とトレラント機能のどちらも有しています。この素子では昇圧・降圧とも可能です。
  2. レベルシフターのバッファータイプ(2電源)を使用する方法(図2)
    バッファータイプはバッファーを介して出力するので、駆動能力があります。
  3. レベルシフターのバススイッチタイプ(2電源)を使用する方法(図3)
    バススイッチタイプはプルアップ抵抗を用いてレベルシフトします。この製品はオン時はスイッチの端子間が低抵抗で短絡されている状態なので駆動能力はありませんが高速です。
汎用ロジックを用いた電圧変換方法
 

Supply Voltage

Circuit Type

Up
Translation

Down
Translation

1

Single Supply

Buffer

Y

(TTL-Input)

Y

(Tolerant)

2

Dual Supply

Buffer

Y

(VCCA → VCCB)

Y

(VCCB → VCCA)

3

Dual Supply

SW

Y

(VCCA → VCCB)

Y

(VCCB → VCCA)

図1. レベルシフタ―(1電源タイプ)CMOSロジックIC / ワンゲートロジック(L-MOS)
図2. レベルシフタ―(2電源タイプ)、図3. バススイッチ(2電源タイプ)

*1 :VCXシリーズは低電圧システム(3.6V以下)での使用を想定したデバイスのため、3.3V→1.8Vの降圧変換が可能です。

別ウインドウにて開きます