バイポーラートランジスター(BJT)にはどのような用途がありますか?

バイポーラートランジスターは、ベースに流れる電流でコレクター電流を制御することができます。一般的にはベース電流の直流電流増幅率 (hFE)* 倍の電流がコレクター電流となります。この作用を使用して電気信号の増幅器として使用されます。また飽和領域と遮断領域を利用してスイッチとしても使用されます。

コレクター接地回路(エミッターフォロワー)
コレクター接地回路(エミッターフォロワー)
エミッター接地増幅回路
エミッター接地増幅回路
ベース接地増幅回路
ベース接地増幅回路
スイッチ回路
スイッチ回路

*この倍率は外部の回路によって決まるコレクター・エミッター間電圧によって変わります。

hFEに関係する説明がFAQ「バイポーラートランジスターのベース・エミッター間電流とコレクター・エミッター間電流の関係は?」にあります