Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

ブラシレスモータドライバ

ブラシレスモータドライバ ブラシレスモータドライバ ブラシレスモータドライバ ブラシレスモータドライバ Previous Next

モータの知性を高めれば、ものづくりが変わる。

省エネ化や静音化ニーズの高まりから、さまざまな分野で活躍するブラシレスDCモータ。
その駆動を高効率化するのに必要とされる複雑なプロセスを一挙に解決するデバイスをご紹介します。

 

高効率と開発/メンテナンスコスト抑制を両立。

モータ電圧とモータ電流の位相差を自動で調整。

ブラシレスモータを正弦波で駆動する場合、制御回路のインピーダンスなどの影響により、回転数の変化でモータ電圧とモータ電流には位相差が生じてきます。これが効率を悪化させる要因となっており、効率を良くするには位相調整が必要となります。InPAC技術ではモータ電流の位相(電流情報)とモータ電圧の位相(ホール信号)を比較し、モータ電流制御信号(制御信号)へフィードバック。モータ電圧とモータ電流の位相を自動的に調整することで効率化を実現します。

煩雑な調整なしで、すべての回転数範囲を最適化。

今までの技術では、効率特性を上げるために使用回転数範囲の数か所でモータ電圧とモータ電流の位相差調整を繰り返し、ベストな効率特性を見出す作業が必要でした。InPAC技術では、モータ電圧とモータ電流の位相を自動調整することで、初期設定のみですべての使用回転数範囲でベストな効率特性を得ることができます。これにより、お客様の開発負担の低減に貢献します。

自動進角調整技術 InPAC(Intelligent Phase Control)

製品マップ

ロードマップ

三相ブラシレスモータ 単相ブラシレスモータ
ブラシレスモータドライバ

ブラシレスモータドライバの製品一覧表はこちらをご覧ください。

InPAC機能搭載モータドライバICのアドバンテージ

例)3000RPM動作時にInPACは従来の固定進角制御に比較して約10%電源電流を削減
(東芝ベンチマークによる)

3000RPM動作時にInPACは従来の固定進角制御に比較して約10%電源電流を削減

簡単設定の自動進角制御

進角調整のための外付け部品を削減でき、モータの動作状態の変化に応じた設定が不要!

モータ効率 設定の容易さ 各種モータへの対応 部品点数 課題
固定進角制御 × × × モータの回転数が変わると調整ポイントがずれて最適な効率を実現できない
各種モータ毎に進角の調整が必要
従来技術による自動進角制御 ×
InPAC

革新を続けるInPAC技術

革新を続けるInPAC技術

リファレンスデザインダウンロード

近未来に向けて加速する社会的・技術的トレンドと呼応して開発されたInPACは、煩雑な調整作業なしで実装可能。さまざまな仕様に適合するラインアップをご用意しています。ブラシレスモータにInPAC技術を導入した製品企画・設計の具体案をすぐに検討できるリファレンスデザインはこちらから。

リファレンスデザインダウンロード

ご検討の方に

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。