品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

出力にコンデンサーをつけたいのですが問題ありますか?

[図1:大きなコンデンサーの出力接続法]
[図1:大きなコンデンサーの出力接続法]

CMOSに大きな容量性負荷を接続すると出力のモード移行時(“H”⇒”L”、”L”⇒”H”)に大きな充放電電流が流れ誤動作の原因となります。最悪の場合、この大電流により内部配線が溶断し破壊する可能性があります。また、急峻な電源オフを行うと容量の電荷放電により規定値以上の電流が出力寄生ダイオードに流れる可能性があります。
出力端子に接続するコンデンサー(容量性負荷)は500pF以下に抑えることを推奨します。それ以上の負荷は図1に示すように抵抗を介して充放電電流を制限してください。この場合、出力信号に遅延が発生するのでご注意願います。

[図2:大きなコンデンサーの入力接続法 TC4000,TC74HC/ACシリーズ]
[図2:大きなコンデンサーの入力接続法 TC4000,TC74HC/ACシリーズ]

TC4000やTC74HC/ACシリーズなど入力トレラント機能のない製品については、入力についても電源をオフの時間が速い場合に入力保護ダイオードに電流が流れる場合あるため、大きな負荷容量を直接接続することは避けてください。
入力端子に接続するコンデンサー、容量性負荷は500pF以下に抑えることを推奨します。それ以上の負荷は図2に示すように抵抗を直列に挿入してください。この場合も、入力信号に遅延が発生するのでご注意願います。

別ウインドウにて開きます