Asia-Pacific
English
简体中文
繁體中文
한국어
日本語
Americas
English
Europe (EMEA)
English



品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

矩形波駆動で始動させるには

これは、「矩形波駆動で始動させるには」を説明した図です。

センサーレス矩形波駆動の場合、始動時は誘導起電力が発生していなくローター位置の特定ができません。そのため次ぎの手順でモーターを始動させます。

  • (1) 最初に強制的に指定のコイルに電流を流し特定の位置まで移動させます。
  • (2) 低速の一定周期で順番にコイルに電流を流します。
  • (3) 電圧を徐々に上げながら回転させます。
  • (4) 回転数がUPし、誘起電圧によるローター位置検出可能な速度になります。
  • (5) 検出したローター位置に対応したコイルに電流を流します。
  • (6) 安定した位置の検出ができれば、目標速度まで加速させる定常運転を開始します。

定常運転では、常に目標速度のズレを検出しフィードバックをかけることで、負荷の変動に対して速度を維持することが出来ます。

※強制的に特定の位置まで移動させる時に、停止位置により瞬間的に逆転する場合があります。

第4章 モーターを動かしてみよう

矩形波駆動の構成
矩形波駆動で回すには
正弦波駆動の構成
正弦波駆動で始動させるには
正弦波駆動で回すには
速度を変えるには
速度シーケンス