品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

CMOSロジックICの入力端子や双方向バスバッファーのバス端子(入出力端子)はフローティング(オープンやハイインピーダンスなど)で問題ないですか?

CMOSロジックICの未使用の入力端子はフローティング(Hi-Z)状態にせず、VCC、またはGNDに接続してください。フローティング状態では外乱ノイズなどで、意図しない出力が出たり発振することがあります。
74xxx245などの双方向バスバッファーのバス端子と一部のラッチやフリップフロップの出力端子は、/G端子を “H” にするとフローティング状態になります。/G端子が “H” になるタイミングが存在する場合、バス端子や出力端子を抵抗でVCC、またはGNDに接続してください。
また、バス端子が出力モード時には外部より信号を印加しないでください。
バスホールド機能が付いている製品(74VCXHなど)では、外付けのプルアップ抵抗やプルダウン抵抗が不要となります。

CMOSの未使用入力をV<sub>CC</sub>またはGNDへ接続処理した例
CMOSの未使用入力をVCCまたはGNDへ接続処理した例
双方向バスバッファーの未使用入出力をプルアップ抵抗・プルダウン抵抗により処理した例
双方向バスバッファーの未使用入出力をプルアップ抵抗・プルダウン抵抗により処理した例
別ウインドウにて開きます