品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

汎用CMOSロジックICの未使用入力端子(空きピン)はオープンでよいですか?

CMOSの未使用入力をV<sub>CC</sub>またはGNDへ接続処理した例
CMOSの未使用入力をVCCまたはGNDへ接続処理した例

未使用の入力は一般的に電源、またはGNDに接続してください。
ただし、245などの双方向バスバッファーのように出力になる可能性のある端子(バス端子など)に関しては、プルアップ抵抗・プルダウン抵抗を介して接続してください。不要な電流が流れることを避けるため、バッファーの両端は同じ電位にプルアップ、又はプルダウンすることを推奨します。但し、TC74VCXHxxxなどでバスホールド機能のある端子はオープンで使用ください。
一般的なCMOSロジックICでも、電源オン時の寄生容量に対する充電ラッシュ電流(数mA程度)が問題になる場合、デバイスの破壊などに対する機器の信頼性向上が必要な場合などに入力端をプルアップ抵抗・プルダウン抵抗を介して電源やGNDに接続することは問題ありません。

CMOSの入力インピーダンスは非常に高く、オープンのままで使用すると周囲の電界の影響を受け意図しない値が出力されることがあります。また中点電位では貫通電流が流れ消費電流が流れ消費電流の増加、場合によっては素子の破壊を招くことがあります。
バスホールド機能のない入力端子でデータシートに特別な記載のない場合は上記処置を実施ください。

双方向バスバッファーの未使用入出力をプルアップ抵抗・プルダウン抵抗により処理した例
双方向バスバッファーの未使用入出力をプルアップ抵抗・プルダウン抵抗により処理した例
別ウインドウにて開きます